fc2ブログ

命名!「絹麻マスク」

進行中の夏向けマスクの商品名が決定しました!
命名「絹麻マスク」


えっ、それって「シルクリネンマスク」を和訳しただけじゃ!?と思われた方、
そうなんです、そうなんですが・・・。
ちょっとワケがあるのです。

絹麻マスク2種(1)

ひとことで「麻」と言っても、実は色々な種類があることをご存知でしたか?
リネン(亜麻)、ラミー(苧麻)、ヘンプ(大麻)、ジュート(黄麻)、
マニラ麻(アバカ)、サイザル麻(ヘネケン)などなど。
実際、植物としては全く違う種から由来しているものも多く、生育している地域も様々です。
その中で、現在日本で「麻」と表記できるのはリネンとラミーに限られています。

その名の通りPea Podのシルクリネンマスクは前者のリネンを使っていますが、
後者のラミー「苧麻」を使おうというのが、今回のマスク!!
(↑↑「ちょま」と読みます。何だか可愛い~~)

どちらも吸水性と発散性に優れているのは共通ながら、
リネンは、使うほどに柔らかく肌に馴染むしなかやかさが特徴、
ラミーはコシとシャリ感のある強い繊維で、白く絹のような光沢が特徴です。

つまり、素材表示では同じ「麻100%」ではあるものの、
リネンじゃないのに「シルクリネンマスク」もなぁ・・、
じゃあ「シルクラミーマスク」って言っても「??」だよなぁ・・

・・ということで「絹麻マスク」です!

そういえば、そもそもこの布マスク飽食時代に、
果敢にもまた新しいマスク作っちゃおうなんて気になったのは、
このラミー生地の何とも涼やかな「和」テイストにひとめぼれしてしまったからなのです。

まだまだマスクとは切っても切れない暮らしが続きそうな中、
少しでも涼しく、見た目もすてきで、だけど肌に優しいマスクが欲しいと思うのは
私だけではないことでしょう。
とにかくこの生地を見た瞬間、「これをマスクにしたい!」という衝動に駆られまして。

ヨーロッパの寒冷な高地で栽培されるリネンに対し、
アジアなどの温暖な気候・湿潤な土地に群生するラミー。
高温多湿な日本の夏に向いているのも納得ですね。

●触れた瞬間から清涼感が続く、さらりとした手触り
●ハリとコシがあるのでしわが寄りにくく、口元に適度な空間が出来る
●息がしやすい!(でもシルク2枚との3層構造で、変わらない安心感あり)

そして何と言っても、涼やかな日本の心象風景を彷彿とさせる色合い!

実は、一つの布が大きなグラデーションストライプで構成されているこの生地、
裁つ場所でまったく異なる印象とカラーのマスクが出来るんです!!

次回はこのカラーと柄の秘密についてお話しますね~♪

『アースディ東京2018/ベビーアースディエリア』出店決定


今年も4月3週目の週末はこのイベントに出店します!
4/21(土)22(日)@渋谷代々木公園イベント広場
『アースディ東京2018/ベビーアースディエリア』


2001年より地球のことを皆で考える日としてスタートした世界最大の環境イベント「アースディ」
PeaPodは、2003年より出店を続け、今年で15回目となります。

アースディ東京2018


多種多様なテーマと角度で、地球規模で提案したり、考えたり、
経験する巨大イベントは、今年も代々木公園イベント広場で開催されます。

新しいライフスタイルや
自分の世界を広げる目的や未来をみつけるきっかけとなる展示や情報
モノ、人との出会いが盛りだくさんのイベント。
ぜひ、今までの自分には無かった何か?との
予期せぬ出会いを楽しみにいらしてください。

PeaPodは今年も、母と子どものエリア;">「ベビーアースディ」で出店。

働く女性のケアとして急速に広がりつつある「布ナプキン」

どんな不調や病も先ずは「冷えを改善することから~」と
冷え取りを生活に取り入れる女性も本当に増えています。

一昨年より爆発的に人気の「はらまきレギンス」は
春先までまだまだ活躍する冷え防止にも頼もしいアイテム。

スタッフは、製品のご案内だけでなく
暮らしの中でできるセルフケアやウエアリングのアドバイス
布ナプキンや冷え取りのお話しも毎年しています!

小さな子どもたちを引き連れて出ていた時から、早くも15回目!!

子ども達もそれぞれの道へ自分のペースで進み始めている今

大人達は、次はどこへ向かうのか??

それでも、PeaPodの向かう未来はあまり変わっていないかな??

身体の声に逆らわない、心身ともに心地よいと思える

「衣生活」

シンプルだからこそ、ぶれずにここまで来れた気がします!!

どうぞ、気軽に寄ってみてくださいね。

アースディ東京のサイトはこちら。ステージ出演者情報、フード情報も続々更新中!!
http://www.earthday-tokyo.org/

クロネコヤマト便の配送時間変更と働き方改革の取り組み

クロネコヤマト便の配送時間変更と働き方改革の取り組み

作り手→配送業者→消費者まで、すべてが心地よい仕組みとなる

試みにPeaPodは指示を表明します!

 

6月19日より、クロネコヤマト便の配送時間帯が変更になります。

 

変更内容は

これまでの、12-14時の時間帯指定枠の廃止

20時から21時の時間帯指定枠の廃止

19時から21時」の時間帯指定枠を新設

 

変更後の時間帯指定枠は以下のようになります。

 

・午前中(12時まで)
 14時から16
 16時から18
 18時から20
 19時から21

 

それまではこうでした

 

・午前中(12時まで)
 12時から14
 14時から16
 16時から18
 18時から20
 20時から21

 

少しすっきりしたのがお分かりでしょうか?

 

自分の職場環境に置き換えて考えればシンプルに理解できますが

 

やっぱり、休みの時間帯が無く、全ての時間帯を配送できる時間にしてしまうのは

あまりにも過酷です。

他にも、再配達指定最終時間帯も、今までよりも余裕を持った少し早い時間までに変更になります。

クロネコヤマトでは、自社のホームページで、宅急便のサービス内容の変更についてこう説明しています。

 

「ヤマト運輸は労働力確保に向けて職場環境を改善するべく、社員の新しい働き方を創造するために、21日に「働き方改革室」を本社内に新設し、全社をあげて働き方改革を推進している。ヤマト運輸がサービス内容の変更を決断した背景には、この「働き方改革」が関係しており、社員の法定休憩時間の適切な取得や、勤務終了から翌日の始業までの間に一定時間のインターバルを設ける制度の確立など、社員が働きやすい環境を構築していくためである。」

※詳しくはヤマトHPへ

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_170317.html

 

 

 

通販サービスがどんどん膨大になり、益々配送する荷物が増える中

配送業者は、時間帯や休日配達も含めたサービスの拡大をすることで、なんとか対応してきました。

 

ところが、その消費者にとってのサービスの充実が、配送してくれるドライバーにとっては長時間労働や過剰労働などの負担となっています。

その過酷な労働の悪影響は、「きついお仕事」だという認識から、新しい従業員の確保へも悪影響を及ぼし、配送業界全体として、深刻な人手不足も招いています。

 

昨年末は、大手通販業者の稼ぎ時シーズンのさらなる消費者の後押しキャンペーンで

「ブラックフライデー」というのがありましたね。

これは、アメリカの感謝祭に関係して向こうの百貨店・量販店、最近では主にネットモールが、クリスマス商戦第一弾としてしかける販売合戦です。

 

はっきりいって、元々のバレンタインと同じくらい日本とは全く無関係のイベントですが

競争が激しいネットモールはそこに目を付けて、もうこじつけに近い名目なんですが

大キャンペーンをこぞってやりました。

 

その結果何が起こったか???

配送がパンクしました!ヤマトは、いたしかたなく荷受けのセーブをかけました。

佐川は何も目立った対応はせず、おそらく仕分けと配送の現場は大変なことになっていたと思います…

 

そりゃそうです!配送する荷物が一気にど~んと増えたからと言って

配送するドライバーや車も合わせてど~んと増える訳ではないのだから。

 

考えれば子どもでも分かることです。

 

その子どもでも分かることを売り手側が考えず、目先の自分達の利益と売上だけを獲得するために、むちゃくちゃなことをしたのが昨年末の「ブラックフライデー」であり、近年の通販市場です。

 

どうにかしないといけません。

どうにか良い方法をみんなで考えないといけません!!

 

何がベストな方法か?それはすぐには答えが見つからないと思います。

でも、今出来るベストな選択を続けて、少しずつでも改善していくことで

「どこかで誰かが、誰かの満足のために我慢や無理をしないでいい。」

そんな仕組みが作られていくと思うのです。

 

それを作って行くのは企業側だけでなく、社会全体で取り組まなければならない問題です。

 

そして、このような限界点を迎えてしまったサービスや仕組みは、配送業界だけでなくおそらくどの業界にも、どの行政サービスにも、学校など教育にも、今後深刻な事として表面化していくと言われています。

どこも限界ぎりぎりなんですね。

 

だから、私たちPeaPodも「荷物を出荷して、ハイ終わり!」ではなく

人ごとではなく、一緒に考えていきたいと思いますし、その方法が今のベストであり、多少これまでのサービスと比べて不便が生じたとしても、丁寧に説明しご理解を得ていくことで、共により良い社会と仕組み作りに微力ながらも努力をしていきたいと考えます。

 

どうか皆さまのご理解をお願い申し上げます。

 

 

◆その他のクロネコヤマトの働き方やサービス改善への取り組み

 

信書と国際スピード郵便(EMS)について、制度の見直しを具体的に提起

 

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/ad/opinion/

 

いい競争で、いいサービスを。意見広告

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/ad/20151112/index.html

 

 

大絶賛のはらまきレギンス・シルクコットンタイプに新色「ミックスネイビー」が登場

ほんとうに全く締め付けがないんです!!


 大絶賛のはらまきレギンス・シルクコットンタイプに

新色「ミックスネイビー」が登場しました!


コットンレギンス:左(ミックスグレー)右(新色ミックスネイビー)

コットンレギンス:左(ミックスグレー)右(ミックスネイビー)
http://shop.peapod.jp/?pid=109342308

ベーシックなミックスグレーに加え...
こちらのネイビーは、春っぽいお洋服にもぜひ合わせていただけたらなあと思っています

WEBショップには、様々なシーズンの着用例もご紹介してみましたので、ぜひご覧くださいませ。

小さいお子さんと家族に優しいお祭りベビーアースディ@代々木公園4/22(土)23(日)今年も出店します!

小さいお子さんと家族に優しいお祭り
ベビーアースディ@代々木公園4/22(土)23(日)今年も出店します!


「もっと子どもにも母にも優しいグッズは無いかな?」

「きっと、今よりナチュラルな育児のアイディアがあるはず?!」

「なるべく自然な物を選んでいきたいな。」


などなど、お子さんとお母さん、家族の暮らしをもっと快適に、自分にフィットするようにしていきたいなあと、感じている方はぜひベビーアースディに家族で遊びに来てみてください。


自然育児をみなで学びながら実践している
「自然育児友の会」主催のベビーアースディは
世界最大の環境イベントアースディ東京の1エリアです。


2016ベビーアースディ

(昨年のベビーアースディの様子・自然育児友の会HPより)


子どもの成長や気持ち、お母さんの想いに添った
自然な育児の情報。


そんな自然育児を応援する抱っこヒモや授乳製品、優しおもちゃや靴などなど、生産者の話を直接聞ける機会でもありますよ♪


「このやり方で良かったんだ!」
「へ~そんなグッズもあったのね!!」
「おむつなし育児って??」
「こんな想いを同じにする仲間がいたんだ。」


などなど、イベントでの新たな出会いや発見を楽しんでくださいね。

もちろん、PeaPodは10数年前から出店し
毎年、たくさんのお母さん、ちびっことの出会いを楽しみにしています。

https://shizen-ikuji.org/event/babyearthday.html

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】店長YONE
「しめつけない・冷やさない・肌にやさしい」シルクのインナーウェアと、リネン生活雑貨のブランドPeaPodの店長・YONEです。自然なお産、青空保育、子どもの病気やアレルギーなどの体験をきっかけに、天然素材の力を活かした商品の企画・販売をしています。肌と心がいつも自由でいられる、そんな着心地のインナーや雑貨をお届けしたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR