女子高生の冷えとり・その後

こんにちは、ヨネクラです!

私には、今春大学生になる姪が居るのですが、
先日、この姪から冷えとり靴下の相談の電話があり、
その時にとってもびっくり&嬉しい話を聞きました。

冷えとりを始めて2年ほど、
靴下のいつも同じ場所に穴が開き続けたけど、
先日、ひょんなことで久し振りに体温を測ってみたら、
今まで見たことのない数字だったと!
幼いころからいつも35度台だったのが、36度後半に、
1℃くらい上がったそうなのです。


この姪は、23週の早産で生まれ、当時の体重は何と700gほどでした。
数か月のNICUでの入院を経て、家に帰ってきたものの、
その子育ては本当に苦労も多かったようです。

そりゃあそうですよね、
お母さんから離されて、たくさんのチューブやらモニターやらに繋がれて、
さぞがしこの世は怖くて不安なところだったと思います。

小学生くらいまでは、ずっと小柄で華奢で、今はすっかりお姉さんになりましたが、
常にアレルギー性鼻炎で鼻はぐすぐすしてるし、
いつも手足が本当に冷たい子でした。

姉はもちろんのこと、
私も、色々良さそうな情報を聞き付けては紹介し、
様々な自然療法やホメオパシーなど試してきましたが、
いつも姉が言うには、
「何か、何をやってもイマイチ効きが悪いっていうか、反応が感じられにくい・・」
とのこと。

確かに、私の中の健康の概念というのも、
「何にせよ“効く”身体であること」というのがあったので、
そんな姪の体調が少しでも良くなればと思って、
冷えとりを勧めてみたのが、2年ほど前。

まだ女子高生だし、制服のソックスやタイツも決まったものがあるし、
そもそもおしゃれがしたい盛りに、足首どーん!の靴下を履く気になるのか・・?
と思いつつ、とにかく夜だけでも履いてみたら?と勧めてみたのでした。

ところが意外や意外、
やはり履いてみて「温かい」という実感と心地よさは、
人の中の優先順位を簡単に変えてしまえるのですね。

彼女は夜だけでなく、昼間もスクールソックスの中に4枚重ね、
冬場はタイツの下にも4枚重ね、
「とにかくあったかいには代えられない!」と
姉も驚くほど、冷えとりは素直に生活に溶け込んでいったようです。

靴なども、見に行っても「靴下が履けるかどうか?」ばかり考えているそうで・・
ファッションも、それに照準を合わせるようになったそうです。

忙しい毎日の中で、お風呂タイムはいつも寝てしまって、
1時間ほども出てこないから、しっかり半身浴にもなって、
面倒くさがり屋なのに、
自分の靴下は毎日欠かさずお風呂で手洗いして干していた、とのこと。
ホント~~?って感じでした。

姉が、そんな姪に大きい変化を感じた、というのがちょうど1年ほど前。
姪は小さい頃からバイオリンを習っていて、
学校も音楽科なので、実技の試験が毎回あるのですが、
いつも冷えていて、緊張すると更にカチコチになっていたのが、
手を握ってみると温かかったとのこと!
演奏も以前より落ち着いて堂々としていて、良かったとのこと。

小さい頃は大変だったバイオリンの練習も、
すっかり自分で積極的に弾き込むようになり、
この1年は本当によく頑張ったそうです。

そして、晴れて大学の音楽科に入学!!!

あんなに小さかった姪が、こうして18歳になって、
この春には親元を離れて生活するなんて、叔母としても本当に感無量で・・


本当に、姉夫婦はぶれない子育てをしてきたし、
自分にとっての幸せや価値観は、自分が作っていく、と姿勢は、
そんな家庭の中で育まれたものだと思いますが、
思春期で、しかも身体の変化も大きい時期に、
冷えとりを取り入れたことは、とても良い相乗効果を生んだのではないか、と感じています。


なぜなら、
自分自身が「心地いい!」と心底実感できる体験や、
それを大切にしていくこと、
そこを基準にものごとを取捨選択していけること、
大人も難しくなってしまった、そんな単純で大切なことを、
彼女は身につけられたから、
頑張れる自分、にもなれたのではないかと・・


これからいろんなシーンや生活スタイルの中で、
どのように冷えとりが続けられるだろうか・・?と不安げな彼女でしたが、
「大丈夫!
 自分の体調がちょっとヤバいぞ、いうことを感じ取れたり、
 それに対して何が出来るかな?と考えてみたり、
 それさえ出来れば大丈夫だから!」
とアドヴァイスしてみました。

社会に出る前にそれを身につけられただけで、
充分なのではないか、と思うほどです。


色々と大人の思い込みや考え過ぎや、はたまた空振りやら、
自分も思春期の子どもを育てていると色々ありますが、
結果をすぐに求めないで淡々と続けていくのは、
冷えとりも子育ても、本当に同じだなぁと。


そんな風にしみじみしちゃう春です。

絹&ウール選べる口ゴムセット

シルク屋だけど、改めて冷え取り♪

こんにちは。
企画担当のヨネクラです。

今日は、少し長くなりますが、
「シルクインナー屋が改めて冷え取りを始めた理由」について。

シルクの心地よさに魅せられて以来、
ここ10年近く、ずっと衣類はシルク中心の生活。
もちろん靴下もシルクの5本指靴下を履いてきました。
年中ゴツイ靴を履く生活なので、暑い季節も、
もちろん寒くなったら、ウールや綿など2枚、3枚重ねて・・

インナーは言わずもがな、アンダーパンツなども、
例えばシルクカルソンパンツは、商品ページでもご紹介のとおり、
妊娠中も含めてもう8年選手です。
シルクは私の毎日の生活の中に、すっかり溶け込んでいるわけです。

だからか、独身時代のようなひどい末端冷え性はなくなり、
そこには、天然素材の締め付けない衣生活だけでなく、
食生活や自然療法などによる薬に頼らない生活、
子どもと一緒に、寒い中も暑い中も外で過ごすことなど、
少しずつの色んな変化があったからだと思います。

それでも去年あたりから、
時折感じる強い冷えや、更年期?と思うようなイライラが・・

で、ここしばらく、ず~っと自分のことを振り返っていました。
このイライラがどこから来るのか。
もちろん、生理前は多少あっても当たり前と思っていますが・・

でも、去年辺りから、何が自分の周りで変化したか?と改めて考えてみると、
長男の中学進学、部活の毎日、
二男も同じくスポーツや勉強をがんばりはじめたし、
今年に入っては、長女も小学校入学。
やっぱり何だか忙しい。

で、別に全てにおいて私が関わっているのではないのだけれど、
毎日のプリントの束や、
子どもたちそれぞれのアクティビティの保護者会だの、
(だって、一人ずつそれぞれ3つくらいの何かに所属しているわけで、
 1学期だけでも3×3で9回!)
やれ宿題やら、休日の試合の弁当やら、山盛りの洗濯物やら・・

何だか、何をしてるって訳でもないのに、
夕方からの時間は、まさに息つくヒマなし。
ふと先日、こどもに
「ママって、ゆっくり座ってるの見たことないねぇ~」って。

本当に!!!
つい、働く母としては、せめて・・と思って頑張っちゃってるんでしょうね。

でも、私はだからって、要領よく用事をこなせていることもないんですね。
いわゆるADD(ADHD注意欠陥症候群)的な思考と行動のクセがありまして、
何かやってる途中にすぐ、何かに目が留まって、それをやって・・と、
クルクルと動き回ってしまうんですね。

まあそのおかげで、家の中がこまめに片付いて、
何となく掃除なども出来ているともいえますが。

で、ふと考えたのです。
ゆっくり座りたいわけじゃないけど、
もっと自分のために、意味なくても、満足したい!!
そのためには、「○○しなきゃ」の前に、
強制的に先にやりたい事をやっちゃって、後から帳尻合わせるしかない、と。

そこで、何をやりたいか、あまり深くは考えずお手軽に・・
私は、ほんとは映画を見るのがだーいすき!
昔は、マニアックでマイナーなものとかも良く見ましたが、
とにかく今は、映画館に行くのは億劫なので、せめてDVDが見たい!
ということで、ここしばらく、夜中にひとりでPCでDVDを見たりしてました。

そうすると、あー楽しかった!という満足感はあるのだけれど、
いざ寝ようと思うと、せっかくお風呂で温まった足が、冷えてる~~
じゃあ、この時間を利用して、半身浴や足湯が出来たら!?

そうなんです。
今まできちんとは取り組めてなかった「冷え取り」、
その理由の一つが「ゆっくり半身浴などする暇がない!」ということでした。

それがいみじくも、自分の好きな映画や本を読みたい
→なら、半身浴しちゃおう
→なら、冷え取りじゃん!

という廻り方で、結局私の心にストンときたのです。

特に目立った健康トラブルや、治したい症状があるわけじゃないけど、
今の私の「もっと自分を大切にしたい!」という気持ちにこそ、
冷え取りは一番ぴったりなものだと感じました。

だって、お金も大してかけず、誰かの技にも頼らず、
自分が何か技や知識をすごく勉強しなければならないわけでもなく、
とにかく今日から始められるのですから。

あ、これって布ナプキンと似てますね!
「自分でできる、自分を労わるケア」

で、温めはじめて、一番強く感じていること。
それは、(なかば強制的?とも言える)温められることで、
自分の心が何だかふわっと温かくなること!

靴下もしっかり履いて、下半身もシルクのレギンスなどでしっかり守っていますから、
ちっとも寒いとは感じない、でも!
半身浴で、何年も読めないままだった本を一気に読破したり、
湯たんぽで足元を温かくすること・・は、
思った以上に、私のこころを緩めてほぐしてくれるようです。

そうして、思うわけです。
誰かを温めてあげたい、と。

放課後の学童クラブでお友達とケンカして、疲れて帰ってきた娘は、
わがままを言ってみたり、イガイガと怒ったりするのですが、
そんなときにふと、「つかれたねー、おうちであったかいご飯作って食べよう!」と
手をふわっと握ってあげるだけで、にっこり笑顔が戻る。

やっぱり、自分が温まってないと、だれかに温かさをおすそわけは出来ないですね。


これからぼちぼち、冷え取りのこと、呟いていきま~す♪

レッグウォーマー新色
シルクコットン二重織りレッグウォーマー









テーマ : *ナチュラル スタイル*
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : 冷え取り

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】
ヨネクラ&クギザキ
ぜん息があり、肌が弱い娘をもつkugizakiと、川崎病を経験した長男とアトピッ子の二男を含む3人の子どものママyonekuraが、産前・産後の女性特有の心とからだの変化や子どもとの毎日の生活を通した体験から生まれたマタニティからのオリジナルシルク肌着・授乳ウエアのショップです。身体と心に正直に「自分を大切にする生き方」を日々子どもと接するお母さんにこそ知って欲しいと願いを込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR