妊婦さんに春夏とってもオススメしたい「はらまきレギンス」お問い合わせより

はらまきレギンスへのお問い合わせより
『ウールレギンスとコットンの特徴と選び方について』


春から夏に向けて、お店には妊婦さんのご利用やお問い合わせが
比較的多くなる季節です。

健康な妊婦ライフを送り、お産に備えて体調を整えていくためには

妊婦さんが気をつけなくてはいけない「冷え」を
暑くなっていくこれからの季節どう乗り切るか?
がとても重要だからだと思いますが、
「冷やさない」こと、特に下半身を冷やさないことは
しなやかで柔らかい体とめぐりの良いことにつながっていくからです。


お腹も大きくなっていき、体重も増えますので
より汗をかくようになり、夏の暑さが大変なことは
夏を越えて秋のお産だったスタッフも充分分かりますが
その暑い夏を「どう冷やさずに、上手く乗り切ったか?」
秋の体調や、お産の時の体力にだいぶ影響することも経験しました。


夏はどうしたって暑いのです!!
同じ暑いなら、どう健康的に体を維持してすごすか?
に注力をした方が、お母さんの心身にとっても、赤ちゃんや家族にとっても
賢くて、良い過ごし方なのではと考えています。

「気は上へ昇るもの。」ですので、下半身を冷やしてめぐりを滞らせてしまうよりは
下半身はしっかり冷やさないようにし、上半身は体の熱が効率良く発散できるように
薄着でいる服装がオススメです。


はままきレギンスは、妊婦さんに特にオススメしたいアイテムですが
素材の違いとフィット感についてお問い合わせをいただき
こうして、お問い合わせをいただくとよりその方の身になって
詳細なご説明がいつも出来ますので、そのお返事をこちらでも
参考までに掲載いたしますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はらまきレギンスについてお問い合わせをありがとうございました。

確かお住まいは山形県でいらっしゃいますね。
私は、仙台に住んでいたことはあるのですが、山形の気候があまり分からず
自分だったら山形ではいつまでウールレギンスを履くだろう??と想像しております。


おっしゃる通り、ウールはこれからの季節少し暑いかもしれませんね。
ウールは「乾きが早く蒸れない」という特徴があるため、
夏でも靴下などはウールの方が綿よりも快適だったりいたしますが
ウールには「体から放出された水分を熱に変える。」という特性もあるため
外気温が高くなっていく季節には、下半身全体を包むこのはらまきレギンスでは
ウールは少し暑いかと思います。

実際に冷え取りをしているスタッフも3月いっぱいまでは
朝晩の気温が東京でもまだ10度以下でしたので、ウールを着用していましたが
ここ数日日中の気温が22~25℃近いこともあり、コットンの方を履いています。


コットンの方は、ウールより起毛がないため少し薄手でコンパクトな点も
春~秋に向けて、暑く無く、見た目にも重く厚ぼったく感じないかと思います。


ずり落ちに関してですが、まさにその点こそ、何本もサンプルを作り直し細かく
デザインを直した重要ポイントなのですが
ずり落ちもイヤですし、苦しいのもイヤですよね。


その程よい加減の編みたて具合を何度も調整し、マタニティのボディ(見本展示用トルソー)や
妊婦さんにも実際に何人かモニタリングしていただき、
「締め付けもなく、程よくウエストやお腹に収まるフィット感」を形にいたしました。


もちろん、着用感、体型には個人差がございますので、全ての方に心地よいとは
言い切れませんが、どちらかというと締め付けるぴったりしたものが
苦手なスタッフが同じニーズの方々向けに作ったレギンスですので
心地よいレギンスに仕上がっているかと思っております。


サイズに関しまして、やはりLLサイズの方がオススメでございます。
商品ページでご覧いただいているかと思いますが
お腹のリブ編み部分の編み方を、より伸縮性があるように編みたてておりますので
日々成長していくお腹に優しく対応してくれると思います。


また、表側がコットンのため、ウールに比べ丈夫であるという利点もございますので
長くご着用いただける製品となっております。

ご説明が長くなってしまいましたが、もし他にもご不明な点やご相談が
ございましたら、何度でもお気軽にお問い合わせくださいませ。

コットンレギンス妊婦ボディ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お問い合わせ・ご相談はお気軽にPeaPodまでどうぞ。

http://shop.peapod.jp/?pid=109342308

花粉症の次女の為に子ども用を「シルクリネンマスクレビュー」

amazon店より、シルクリネンマスクをご購入のお客様レビュー

WEBショップの寂しいなあと思うことは
直接お客様のお話を聞けないこと。
でも、こうしてメッセージでご感想やご意見を聞かせていただく
ことも比較的多いのがPeaPodの自慢でもあります。


「PeaPodの皆様

先日、シルク&リネンマスクを購入したK・Nと申します。
 
花粉症の次女の為に子ども用を購入いたしましたが、少しサイズが小さかったので、すぐに大人用を注文いたしました。付け心地が、とても良いようで、早速使っています。ありがとうございました!
2回とも、手書きのメッセージが入っており、スタッフの皆様の温かい気持ちが伝わってきて、感激しました。

同封のメルマガも読ませていただきましたが、共感するところが多く、今後は、他の商品も試してみたいと思っております。
これからも宜しくお願い致します。素敵な出会いをありがとうございました。」


ご縁に感謝感謝の日々を送らせていただいております。
予報を外れて雪が舞っている世田谷のオフィスより
(隣の小学校では、雪が舞ってくるのを見て歓声が上がっていました。(*^_^*))

締め付けないシルクショーツは快適!初めてのお客様からのレビュー紹介

初めてご利用のお客様からレビューをいただきました。


初めて購入30代女性です 身長158、47キロで
ピタッとショーツ(シルク素肌ショーツ)はグレーのLで締め付けなく快適。
フレアショーツはさらに締め付けのない形なので
Mでも大きめに感じました。
足の付け根あたりも全く締め付けられないので眠る時などに快適です。
またフレンチスリーブカップつきインナーもMで
締め付けなく快適。
Sサイズがあれば試したい。
生地はしっかりしており、長く使えそうで縫製もしっかりしています。
次は主人に半袖とスパッツを。
寝汗で不快と言っていたので快適になれば。
主人が気に入らなければ自分のパジャマにしようと企んでいます。

2017年1月30日 愛知県A・I様



同じシルクショーツでも、デザインの違うものを
シーンに合わせて着分けていらっしゃる様子が伝わってきます。

「素肌ショーツ」はゴムを一切使用していないので
気になる足ぐりやウエストの締め付けは無いのですが
ニットシルク(絹糸に少量の弾性糸を織りこんだ生地)は
伸縮性がとてもあるので、その生地の伸び感だけで
ヒップを包み、程よくフィットします。
まるでもう1枚の素肌をまとっているかのようなような
これまでに無い、ショーツと体の一体感を感じていただけるかと
思います。

http://shop.peapod.jp/?pid=45666574


ショーツグレーバナー


「シルクゴム無しフレアショーツ」は、さらっとした絹100%生地の
ゆったりしたデザインで、足ぐりはフレア仕上げなので
最高に解放感のあるショーツになっています。
お休み時にちょっとした圧迫や締め付けも気になる方は案外多いかと
思いますが、そんなリラックスしたい時にぴったりのショーツです。

http://shop.peapod.jp/?pid=94305288

フレアショーツバナー


「カップ付きフレンチスリーブインナー」もフレアショーツを同じ
絹100%生地なので、身体にふんわり添うような着心地で
絹本来のなめらかさが実に心地よいインナーです。
http://shop.peapod.jp/?pid=94305180

フレンチスリーブバナー


「男性用シルクインナーシリーズ」
こちらは、絹100%の薄手で上質なシルクのシリーズです。
シャツやパンツ中の汗取りインナーとして、シルクは最適です。
女性より汗をよくかく男性には、よりそのさらっとした着心地が
快適に感じるかもしれませんね。
http://shop.peapod.jp/?pid=80109097

紳士ズボン下バナー


ジャストサイズの感じ方には、個人差があるかと思いますが
あなたにぴったりのシルクを見つけていただけたら嬉しいです。

PeaPodスタッフ

初めての布ナプ、考えるより飛び込んでみる!体のことだから…

今日は、PeaPodHPに設置してある「布ナプ相談フォーム」に
寄せられたご相談と、そのやりとりをご紹介します。


<布ナプ相談フォームに寄せられた問い合わせ> 2016/5

(お客様)
お世話になります。
3年くらい前に、吉祥寺の○○助産院さんにて、布ナプキンの講習会を受講させていただきました者です。

受講後、布ナプキンに切り替える前に試しに…と、紙ナプキンのままで月経血コントロールを意識してみたのですが、なかなか上手くいかず、結局諦めてしまいました。
昨年、第二子を出産し、2ヶ月くらい前から生理が再来したのをキッカケに、布ナプキンのことを思い出し、貴サイトを訪問いたしました。再チャレンジするにあたり、お伺いしたいことがあり、こちらに書かせていただきました。

質問1、

月経血コントロールを詳しく知りたくて、受講直後にそのような関連の本を買って読みました。
その中に、コントロールに有効と思われる、ある体操が紹介されていたのですが、
こういった体操を必ずしないと、月経血コントロールはしないほうがよいのでしょうか?
(この体操が続かなくて、断念したのですが…)
布ナプ愛用の皆さまは、この体操もしくは準ずるものをされているのでしょうか…?布ナプに再チャレンジするにあたり聞きたくても、教えてくださる方がおらず、悶々としております(*_*)


問2
生理期間中、ずっと布ナプでいきたいのですが、何枚くらいを目安に用意したら良いでしょうか?

よろしくお願いいたします。


(※以下は、相談フォームの内容に沿ったご相談内容です。)

【 普段の月経の状態や、症状・悩みなどありましたらどうぞ 】:
妊娠前から生理が重いタイプで、出産後は、腹痛は軽くなったものの、やはり少しの腹痛、頭痛、眠気は、生理期間(特に前半)中にあります。

【 月経期間は何日間くらいですか? 】:5日~6日
【 出血量はどれくらいですか? 】:普通
【 生活パターンをお聞かせください。 】:専業主婦
【 布ナプキンの経験をお聞かせください。 】:少し使ったことはある



<お問い合わせに対する返信・スタッフより>

こんにちは。Pea Podの米倉と申します。助産院さんでの講座を受講されたことがあるとのこと、
その時に対応させて頂いたのは、私かも知れません。

さて、この度は布ナプ相談フォームからのお問い合わせをありがとうございます。
布ナプキン、始めたいけれども、本当のところはどうなの!?
という不安は、どなたにもありますよね。
私もそうでしたので、色々と迷ったり躊躇されるお気持ちが、すごく良くわかります。

多分、直接お話するのが一番早いかと思いますので、
もしよろしければ、Phouseにご来店いただくか、お電話などでも・・と思いますが、
お忙しい中メールでご連絡頂いておりますので、取り急ぎこちらでお答えさせて頂きますね。


早速ですがまず一つ目、月経コントロールにつきまして。
「ゆる体操をしなければコントロールは出来ないか(しない方が良いか)?」というご質問に対しては、
私の考えでは「そんなことはありません」です。

まず、私たちスタッフや周りでは、誰もコントロールのためにその体操をしたことがありません(笑)。
もちろん、存じ上げてはおりますが、知ったのは布ナプを使ってかなり経ってからでしたので、
特に必要性を感じなかった、というだけの事でしょうか。

内容について詳細を存じ上げず細かいことは解りかねますが、
体操そのもののコンセプトと理論は素晴らしいと思いますし、他の身体的箇所にも有効かと思います。

それは、日々何よりも、(他の方法であっても)緊張を解いて身体をゆるめるということが、
全ての細胞の働きを高める(維持する)ために、最も大切なことだと実感しているからです。

そもそも生理は排泄なので、身体が温かく緩んでいる状態でないとスムーズに始まらないこと、
また、緩んでいながらも、体幹がしっかりしていない状態だと、
特に骨盤底筋のようなインナーマッスルは、随意に動かすのが難しいのかも知れませんね。
また、(月経とはいわば)ミニ出産ですから、骨盤が開いていかないと無理な力がかかりますので、(つまり痛みなど)
骨盤の動きをスムーズにするために、動かしたりゆらしたりすることは、大変有効かと思います。

ただこれらは、もとより女性の身体に備わっているものですので、
多分、100年も遡らない時代の女性…着物を着て腰巻しか使っていなかった女性は、
ほぼ皆が普通にやっていたことだと思います。
ということは、本来どんな方にも出来ると考えています。

なぜなら、特別な事情を除き、みなさん当たり前に便や尿の排泄コントロールをされていますよね。
この筋肉というのは、骨盤底筋群…群というだけあって、
いくつかの筋肉が束のようになって構成しているそうですが、
排泄コントロール全般をこのハンモック状の筋肉が関与しているので、
それが出来るということは、ちゃんと働いている証拠だと考えます。

ただ、赤ちゃんのおむつ外しをする時も、トイレトレーニングをしていく中で、
排泄の感覚に合わせて徐々にコントロールできるようになっていくように、
今まで使ったことの無い筋肉(の部分)を随意でコントロールできるようになるには、
多少のトレーニングと期間が必要ですよね。
T様がトライされてみて、なかなか上手くいかなかったと仰るのは、
どのくらいの期間でしたでしょうか?

赤ちゃんのおむつと違って、毎月数日しかチャンスが無いので、
個人差はあるものの、何か月、あるいは何年かして身についてくるものかと思います。
昔の女性だって、いきなり初潮から何回目かで、完璧に出来るようになったとは思えませんし、
そういった意味では、もっと長い目でご自身の身体を見てあげても良いかも知れません。

また、「コントロール」というのを、一滴もこぼさず(笑)、
完璧に漏らさないというイメージをお持ちかも知れませんが、
大体の部分の経血を、トイレで出すことが出来る
そうする事で、全ての経血をナプキンに吸わせる必要が無いから、
汚すのも洗うのも少なくなってラク、というくらいのものと捉えて頂ければ良いのではないでしょうか。

最初は、立ち上がる瞬間にどっと降りてくる経血を予め予想し、
立ち上がる際に気を付けて、ちょっと締め加減でトイレに行く、
洋式トイレなら、前にかがみ込むような姿勢でしばらく腹圧をかけてみて、
少しでも出せたらOK、くらいに考えてみてください。

そのように意識的にトイレに行き、積み重ねていくうちに、
「もっとこうやってみたらどうかな?」「こうした方が上手くいくかな?」というように、
自然とご自分でも、色々と工夫を重ねて行かれることでしょう。

また、講座でも申し上げたことですが、コントロールが目的というよりも、
まずご自分の経血の状態や様子、出方などを布ナプを使いながら観察し、
ご自身のお身体の状態を知り、振り返ってあげてほしいのです。
そして、上記のような工夫や観察を、ぜひ楽しんで欲しいと思います。

身体はとても正直で素直ですので、思っている以上に反応したり、変化したりしてくれますよ♪

ですので、体操をすることは、もちろんプラスには働くと思いますが、
それを知らないと、やらないと、出来ないかというと、そうではないと思うのです。

また、紙ナプキンでは、コントロールの理論が頭では解っていても、
なかなか身体の反応に繋がらないことは、私自身も実感しています。
旅行でもレジャーでも、大概は布ナプキンで過ごす私ですが、
以前、どうしてもの状況で使い捨てをやむなく使ったことがあり、
その時に自分でも驚くくらいにコントロールが鈍ったと感じたことがあります。

どうせ捨てるから、出てもいいや・・という投げやりな気分からか、
(そもそも、付けた途端に自分をどこかに置き去り?おざなり?にしている気分といいますか、)
頭と身体がリンクせずにバラバラになってしまった感覚がしました。
ですので、やはり「布」というものが、無意識の中で意識に働きかけているものがあるのを感じます。
同じ慣れない状態でも、布を当てて試してみられると、違う結果かも知れませんね。

とにかく、頭で考えるよりも、ご自身の身体を自分で使いこなすのだ、という「意識」
もっとも身体感覚を鍛えるのではないかと思いますので、
初めてなのだから失敗しても当たり前、赤ちゃんの粗相と同じ、と大らかに構えて、
また、失敗することをご自分に許しつつ、布を当ててみられてはいかがでしょうか。
その柔らかさと肌ざわりは、とても自分に優しくしている気分になれますし、とにかく気持ちが良いです。
濡れたら気持ち悪くなりますから、そうしたらすぐ、換えてあげればまた、心地よくなります。

自転車に乗れるようになる時と似ていますね。
最初は、あれをこうして、ここを動かして・・と頭で考えてからでないと、怖いような気がするけれども、
やり始めてみたら、色々とやっているうちに、平衡感覚を身体で掴む、というような。

とかく現代は、失敗を許されない世の中と申しますか、
自分ではそのように思っていなくても、どこかで「失敗したくない、早く上手く習得する」
という意識が働いているのを、私自身も常々感じております。
そして、違う違う、そんなに焦らないで、外からの評価や時間感覚に合わせず、
自分の感覚を大切にしよう、とその度に考え直します。

というのも、布ナプを始めてから気づいたことの一つですね。
大人になってから、ドギマギするような初めてのことにトライするのですから・・

T様もぜひ、悶々と考え込まれるよりも、飛び込んでみて下さい♪
まだまだ大変な時期のお子さんをお二人も育てていらっしゃるのですもの、
毎日は思ったように進まない事の連続かと思いますが、
そんな中で、すでに色々と臨機応変に日々を工夫して過ごしていらっしゃることと思います。

その一つと捉えて、お子さんの成長と一緒に、
ここまでも今からも頑張ってくれているご自身の子宮ちゃんと対話しつつ、
のんびりと見守ってあげて下さいね。


次にナプキンの枚数につきまして。

こちらも個人差はありますし、また、生活スタイルによっても違ってくると思いますが、
現在は育児家事に専念されていること、生理日数も5~6日と長過ぎないことから、
Pea Podチャレンジセットでもご用意しているのと同じ、8枚程度で回せるのではないかと思います。

ただ、逆にお子さんがまだ小さくて、ご自宅で一緒に過ごされている状況では、
お洗濯がままならないことも多いかもしれませんね。

また、やはり生理痛や頭痛、眠気があるとのことで、一番お気持ちを向けるべきは、
その時期になるべくゆっくりして、無理をせずに過ごす、ということかと思います。

そのためには、やっきになって次々と洗わなくても良いように最初から枚数をそろえておく方が、
生理期間を心おきなくご自身に向けて過ごせることに繋がり、
結局は、良い結果をもたらしてくれるようにも思います。
となると、10枚(大きめサイズを中心に)くらいあったら安心かもしれません。

ちょうど、規格外品やB品をたくさんアップしていっておりますので、
そのような商品もご利用頂きつつ、
もしも足りなければ、ご自宅のタオルハンカチなどで対応されるのも一つだと思いますよ。

T様の自由な発想と工夫で、色々とお試しください。
きっとそんな工夫をしつつ身に付けていった身体感覚は、ご自身の自信にも繋がり、
子育てをも含む様々な事へシフトされていくことと思います。
私たちスタッフもそうであったように・・・


何だかすっかり長文になってしまいまして、申し訳ありません。
その割に、お聞きになりたかったことにお答え出来ているのか疑問ではありますが、
文字では偉そうな表現になってしまったり、伝わりにくいこともありますので、
よろしければぜひ、直接お問い合わせくださいね。
お電話やご来店などもお待ちしております。




<お答えに対する返信>

こんにちは。Y・Tです。
ご多忙にも関わらず、ご丁寧なご返信をありがとうございました。

助産院さんでの講習の際は、お世話になりました。
受講から大分時間が空いてからの布ナプ本格(再?)チャレンジですが、
ご返信いただいたメールで勇気づけられて、やるぞ!の決意が固まりました。

体操。。。そうなのですね!!正直、ホッとしました。
思い切ってご相談のメールをして、本当によかったです。
実はこのことが自分の中で一番引っかかってしまって、布ナプ導入を
躊躇していたので、米倉様のメールが一気に私の心理的なハードルを
取っ払ってくれた感じがします。

おっしゃる通り、ここで語られているコンセプトは知っていて損はないことだと
思いますので、エッセンスの部分を意識しながら、自分の中で無理のないように
取り入れつつ、布ナプにチャレンジしていきたいと思います。

また、貴重な体験談や布ナプに対する考え方(時間をかけて少しずつ慣れる、
最初から完璧を求めない、体の振り返りの機会と考える・・等)を伝授頂き、
ありがとうございました。私が知りたかったこと、疑問に思っていたことは
すべて解決することができましたし、いただいたメールを読んで、
布ナプへ切り替えよう!という決意を後押しされました。

”体の振り返りの機会と考える”というキーワードは、助産院さんでの
講習会でも教えていただいたことを記憶しております。
その当時も興味を覚え、魅力的に感じたキーワードでしたが、
第一子の子育てに追われて、なかなか自分に気持ちを向ける余裕が
持てなかったこともあり、なんとなく頭の片隅に保持したまま、
ずっと後回しになっておりました。

第二子が生まれて、確かに子育てが二倍になった部分はありますが、
不思議と心に余裕が生まれた実感もあり、それが自分の体への
関心へと目を向けさせたのかも知れないと思っております。

phouseにお伺いしたいところですが、現在、遠方の沿線に住んでおり
アクセスが悪いこと、上の子の幼稚園が現在忙しいこともあり、
Webショップからの注文とさせていただこうと考えております。
(幸い、講習会の時にいただいたサンプルの布ナプを
一枚持っておりますので、現物を解っていること、ちょうど紙ナプキンを
買い足さないと無い状態なので、次回の生理に間に合うように布ナプを
用意したいという心づもりもありまして。)

恐らく、使っていく中で疑問や、アドバイスを仰ぎたい事が発生して
来ると思います。その際には、お電話、都合がつけばphouseに
お伺いさせていただこうと思っております。

その際には、どうぞよろしくお願いいたします。

お忙しい中、本当にありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
PeaPod無漂白ネル布ナプキンシリーズと
使い方、洗い方、相談フォームなどのコンテンツはこちら
http://shop.peapod.jp/

小売店さま専用お問い合わせフォームを作りました!

小売店さま専用お問い合わせフォームを作りました!

今までありそうで無かった
自分達が心から納得して、着続けられるものを!
と量産しているのメーカーでは、ここまでやらない
というところまでこだわったオンリーワンのインナーウエアを
「ぜひ家のお店でも!」と思ってくださったら
どうぞ、こちらよりお問い合わせくださいませ。

サイズが合うか?
肌には馴染むか?など
デリケートなインナーウエアだから
きっと、手に取って触れられるお店が増えたら
お客様にとってもハッピーになります。

素敵なご縁をお待ちしています。


kouri

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】
ヨネクラ&クギザキ
ぜん息があり、肌が弱い娘をもつkugizakiと、川崎病を経験した長男とアトピッ子の二男を含む3人の子どものママyonekuraが、産前・産後の女性特有の心とからだの変化や子どもとの毎日の生活を通した体験から生まれたマタニティからのオリジナルシルク肌着・授乳ウエアのショップです。身体と心に正直に「自分を大切にする生き方」を日々子どもと接するお母さんにこそ知って欲しいと願いを込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR