カップ裏までシルク・敏感な部分こそ肌ざわり抜群のインナー

カップ裏までシルク

シルクの素晴らしさは5000年前から伝えられていますが

ここ数年、冷え対策や、着心地を重視される女性が増えてきて

またシルクが見直されています。


もちろん、昔からのシルクファンも多く

私達スタッフもその中に入ります。


出産を機に、それまで忙しさや外見へのこだわりで
鈍くなってしまっていた五感が再び目覚め

以前より体や肌の声を素直に聞けるようになりました。


だから、やっぱり、シルクの肌への優しさと、しっとり肌に馴染む感じは
もうやめられません。
おそらく、他の繊維にはもう戻れないでしょう!


ただ、私達も一ユーザーでファンとして、そうであったように
シルクは、天然素材を生かしたシンプルさや健康重視のインナーが多く
(逆に、おしゃれ系に特化した高級品もありますが、それは求める方が違うということで)

なかなか機能性や、デイリーに着まわせるデザインの物がなく
色々なインナーを試してきました。

それでも、徐々に色々な物が増えてきて
「このインナーのここがイイ!」というのを見つけることもあったのですが
なんだか、ちょっと育児中でアクティブな動きが多い世代には
動きに合わなかったり、カジュアルなアウターに合わせにくかったり…


それで、長い間、シルク下着とは「惜しいなあ…」という出会いばかりだった気がします。


そんな経緯と、マテニティ&授乳対応のシルクをずっと作ってきた実績とがあって

そして、今年の震災で「身を守ることの重要さ」を痛感したことも大きく影響し


万を持して、作ったのが「シルク素肌インナー:カップ付」です。

細かいところまで、ふんだんに、自分たちが欲しかったものを
形にしたのですが、これをお伝えするのがなかなか難しい!

だって、ようはインナーだから「着たらわかる」ということなんですもの!

そこで、HPでは、ポイントごとに写真を付けてご紹介してみたのですが
いかがでしょうか??

●HP 「シルク素肌インナー:カップ付」 http://peapod.jp/cup_inner/point6.html


上の写真は、カップ裏の部分のアップです。

表地は、体へ適度にフィットするシルクニット

汗を良くかき、最も敏感になりがちなバスト部分には
シルク100%の薄手の生地をぜいたくに使っています。

だから、肌側がもっとも気持ち良いのです。


肌が敏感な方とか、ブラが苦手に感じている方

もちろん冷え性の方にも、もっともっと着て欲しいなあと思っています。

テーマ : *ナチュラル スタイル*
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】
ヨネクラ&クギザキ
ぜん息があり、肌が弱い娘をもつkugizakiと、川崎病を経験した長男とアトピッ子の二男を含む3人の子どものママyonekuraが、産前・産後の女性特有の心とからだの変化や子どもとの毎日の生活を通した体験から生まれたマタニティからのオリジナルシルク肌着・授乳ウエアのショップです。身体と心に正直に「自分を大切にする生き方」を日々子どもと接するお母さんにこそ知って欲しいと願いを込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR