PeaPod-Cafe2月17日の様子をご紹介!

2月17日はオフィスを開放して行う
「PeaPod-Cafe」でした。


今月は色々な場所から、お子さんを連れて来てくださった方
出産お祝いを探して来た方、子どもが小学校へ上がり
フリーで来てくださった方
仕事の合間に寄ってくださった方、
先月来られなくて楽しみに来てくださった方など
と様々なテーマで話をしたり、情報交換しあったり楽しい一日でした。

私たちスタッフだけでなく、たまたま居合わせた同士が
テーブルを囲み、お茶を飲み、おみやげに持ってきてくださった
お茶菓子をつまみながら、自主保育・アロマセラピー・子どものおこづかい教育
性教育地域との関わりやバランスのとり方などなど、
多岐に渡って交流しました。

皆さん、とてもその日初めて会ったとは思えないほど
普段、地域のママ友や保護者同士でも共有できないような
深いところまで、ざっくばらんに会話している様子は
昼間なのに(??)もう長年付き合いのある友達同士の飲み会の
ような盛り上がりで、こんなに濃い時間ってなかなかないなあと。

そんなオープンで濃いカフェの様子を、皆さんにもお伝えしますね。

先ず、朝一番に来てくれたNさんは、藤沢からわざわざ駆けつけてくれました!
彼女は、3人のお子さんを持ち、一人目の娘さんの時に東京の代々木公園で
自主保育活動をしていて、藤沢に引っ越してから、地域にグループや
プレーパーク的な物がなかったのと、自主保育的な活動を広げていきたい
という想いから、一人で(1家族で)自主保育を始めています!(すごい!)

自分達親子でできることを模索しながら、機会があれば、活動の紹介も様々なところへ
でかけて、やっぱり簡単には根付いていかないけれど、あせらずあきらめずに
自分達のしたい保育を続けています。

とっても、自然体の彼女だけれど、しっかり自分を見つめて子育てを
している様子が素敵です。毎年代々木で行われるアースデイのイベントにも来てくれます。

そんな彼女と一緒に来てくれたのが、同じ代々木の自主保育仲間(おひさまの会と言います)のKさん。
昨年一人娘が学校へ上がり、今年1年はあえてゆっくり過ごされているそうで
忙しかった幼児期を過ぎ、転機の時でしょうか?!

彼女は、バッチフラワーやマッサージを使い、女性の心と体両面を見る仕事を
していますが、それも今年は忙しくしないで、自分の周りをゆっくりと振り返りながら
整えているような感じでしょうか?そんな時間も大切だなあと思いました。

彼女の話で印象的だったのが
「日本人はシンパシーしやすい性質がある」ということ。
確かに、それが子育てにおいても、役立つことも境界線が引きにくくて困ることも
どっちもあるなあ、とその場にいた何人かも感じたかと思いますが
クギザキの感想としては、だからこそ自分を良く知ることや、ケアしてあげることが
大切なのだなあと再認識でした。

次に来てくだった方は、社会保険労務士のHさん。
小学生の男の子2人を育てながら働くお母さんですが、難しいイメージの職業からは想像できないほど
お話を伺うとその柔軟さと子育てを楽しんでいらっしゃる様子が素敵です。

以前に雇用についてのお話を伺った時の言葉が印象的で
「働く人も雇う方も、やりがいを感じて気持ちよく働く環境作りが必要で
それは両立させていくもの」
というニュアンスでしたが(私の言葉は足りないかもですが…)
型にはまったスタイルでなく、人の役に立てるよう想いを持ち
仕事に取り組まれている姿勢も勉強になりました。

まだ、午前中でしたが、その頃には子どものお小遣いや金銭感覚を育てる話で
大盛り上がりで、そこへ駆けつけてくださったのが、近所でおんぶひも屋さんをされるSさん。

3番目の女の子と一緒に、mixiでNさんと、Hさんが来る予定だと知って
あいたい!と来てくれました。
韓国で外国人として孤独な育児をスタートされ、日本では少なくなっていたおんぶひもの存在で
育児生活が救われた経験を持つSさんは、日本へ帰ってから
安全で使いやすくリーズナブルな韓国製のおんぶひものお店を始め
販売だけでなく、日本で孤独な育児をしている外国からきたお母さんをサポートしたいと
日本語レッスンを通して、サポートをしています。

「赤ちゃんと一緒だからできないことがある」のではなく
「赤ちゃんと一緒だからこそ、今経験できること」を製品を通して広めていきたいと
綴られる彼女のブログやmixiでの文章を読むと、いつもあったかい気持ちになり
日々迷ったり反省する育児ですが「これでいいんだよなあ。」と励まされます。
(良かったら読んでみてくださいね!
→あかちゃんといっしょ 3児の母の店長日記 

次に来てくださったのは、先月残念ながらこられなかったKさん。
以前布ナプキン講座で初めてお会いし、
今度はお子さんと一緒に訪ねてくださいました。

冷え取り法に取り組まれていて、体も心もとてもすっきりされたそうで
とても穏やかに柔らかい姿勢で育児をされている様子が和みました。
そんなKさんですが、良く何かの療法をされるとストイックになりすぎてしまう方もいますが、
「ジャンクフードを親子で食べることもありますよ♪」と
何事もニュートラルに頑張り過ぎないことが上手くいく秘訣なのだなあと。
そして、そんな彼女だからこそ、いいなあと思ったこと経験してことを
「これ、いいわよ!」と人へ伝えようとした時に、すっと相手が受け入れられるのかなあと感じました。

お昼時に来てくださったのが、アロマセラピストのYさん。
大きな男の子のお母さんでもあるとってもきれいな女性ですが
彼女の仕事(活動)は、そのほんわか優しい雰囲気とは違って
不登校など心の問題を抱えるお子さんとお母さんのケアをされています。
子育てをされている人々の中でも、最もしんどいところへ真っ直ぐに向き合っている
姿に、ご自身も辛い時期を乗り越えることで培ってきた強さと、
一番救うべき子どもへの優しさに溢れています。
(アロマセラピスト 矢田さんのブログ

PeaPodの目的も、何かと悩みや問題の多い育児期をサポートし
子どもの未来を明るくしていくことですので、とても共感しています。

午後にお2人のお子さんを連れて来てくださったお肌ツヤツヤのママさんは
その偶然にびっくり!!な、ヨネクラが気になっていた「ぬか漬け講座」の講師の方でした。
少しスタッフより若い世代の方なのに、しっかりとした子育て感と小さなお子さんがいても
出来ることを見つけ行動を起こしている姿がいいですね。

偶然は重なるもので、そこへまたお子さん2人を連れて来てくださったのがTさん。
中に入るなり「あれ?!!前に児童館で…」と、お知り合いだった様子。
こんな所で再会とは!とみんなでびっくり!でしたが。
お話を伺うと午前中にいらしたKさんと同じ野沢テットー広場で活動されているそう。
「まさか午前中にKさんが来てたとは!」2重にびっくりでした。
とっても若い(2代前半です!)のに、ナチュラルな育児生活をされていて
女性が自分を見つめて自立していくのに年齢は関係ないなあと、あらためて感じさせてくれたTさん。
つたない経験ですが、私達の育児暦を聞いてくださって、少し明るい表情で帰っていかれたのが印象的でした。

そんな風に一日中しゃべりっぱなしの日でしたが、振り返れば
「なんと、学びの多い日だったでしょう!」
しかも、今日触れ合った方全員が、お互いに学び合い、分け合いになっていた気がします。

何を提供できるわけでもないけれど、こんな風に場を提供して
何もしきりのない中で、自由に思い切って女性同士が交流し続けられる。
スタイルではなく、枠もないけど、現代には必要だなあと思い、
今後も続けていこうと思っています。

本当は、遠くへも出張して、もっと色々な方ともお話させていただきたいのですが
私たちスタッフも育児の真っ最中、中々遠出がかなわず…
少しでも、エッセンスをお届けできたらと、長い文章になりました。
最後までお読みくださりありがとうございました。

3月は15日の開催です。
皆さんとお会いできるのを楽しみにしています♪

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】
ヨネクラ&クギザキ
ぜん息があり、肌が弱い娘をもつkugizakiと、川崎病を経験した長男とアトピッ子の二男を含む3人の子どものママyonekuraが、産前・産後の女性特有の心とからだの変化や子どもとの毎日の生活を通した体験から生まれたマタニティからのオリジナルシルク肌着・授乳ウエアのショップです。身体と心に正直に「自分を大切にする生き方」を日々子どもと接するお母さんにこそ知って欲しいと願いを込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR