fc2ブログ

ぬか袋の活用法:セキを止めたい時編

ぬか袋の活用法:セキを止めたい時編

昨年の11月頃から、色々試行錯誤してサンプル作りをし
いえいえ、実はもっと前から「ぬか袋はもっとこんな風に使えたらいいよね。」と
スタッフの間で考えていたのですが、
ようやく、これでいこう!と完成品が出来あがり
先日発売できたのが「ぬか袋&カバーセット」です。


;">◇「ぬか袋&カバーセット」ご紹介ページはこちら


そのぬか袋セットを1つ1つ手作業で作ってくださっているのが
スタッフ共通の長年の友人であり、自主保育の先輩でもあるTさん。
それ以外にも、それはそれは多方面でお世話になっていて…

そもそも、自主保育の元祖原宿おひさまの会の少し先輩で
自主保育をしていた時も、育児の事から料理、家事、自然療法など
色々と直接教えてもらったり、Tさんの自主保育日記を読んで学んだり。

自主保育の後もご縁は続き、
ヨネクラ(商品企画を主に担当)の第3子妊娠中&産後に色々と不調があったので
お惣菜差し入れやら、電話相談やら(たぶんご本人は相談を受けていると言うより
気になってたことや、これは教えたい!と思う事をただ伝えただけだと思いますが)
不調と初めてのマタニティブルーで、かなりやられていたところだったので
とても救われたようです。

クギザキ(メルマガ、ショップ管理など担当)が元夫の心の病気による
娘への影響を考え、思い切ってシングルになり引っ越しご近所さんになった時。
近隣の事を教わったり、まだまだ落ち着かない時期に夕飯にどうぞ!とおかずをもらったり
何かと気にかけてくれて、不安な事も多く母と子二人では心細かった時期に
新しい生活になじめていけたのは、そんな方がいたからでした。
(またまたTさんはそんな気ではなかったかもしれないんですが…)

そんな尊敬すべきTさんより、ぬか袋セット発売日の次の日に電話がありました。

「HP見たよ、すごいね。それでね、ぬか袋の使い方でセキ止めの時の方法知ってる?
きっと、お客さんにそれも伝えた方がいいんじゃないかと思って…」
と、わざわざ電話をくれました。
Tさんは、どこまでもTさんです!

難しく考えるのではなく、「これ伝えよう!これあの人に使ってもらおう!」
と極々シンプルです。


前置きが長くなってしまいましたが、Tさんが電話で説明してくれた
HPではご紹介していない、ぬか袋の使い方をご紹介します。


『 セキが止まらない時のぬか袋活用法 』

※これは本来自然療法では、こんにゃくを使った温シップでやるのですが
他のブログ記事にも書いていますが、小さくて待たせられないお子さんのために
忙しいお母さんが、ぬか袋を代用して同じようなケアをするための方法です。

◇用意するもの
・ぬか袋(peapodのものなら2個、大きめの物なら1個でもOKの場合も)
・びわの葉 1~2枚(子ども用なら柔らかめの若い葉)
 ※びわの葉は、汚れを拭いておきます。

◇使い方
・びわの葉のつるつるの方を胸の間の溝の所に直接肌に当てる。
・その上に少し長めにチンしたぬか袋を巾着に入れるかタオルでくるんで乗せる。

自然療法では万能に様々なケアに使えるびわの葉の上に、ぬか袋の湿熱を当てることで
びわの葉の成分が浸透しやすくなります。
とても簡単で、苦しそうなお子さんにすぐにしてあげられるケアです。

※お子さんが熱がるようでしたら、さらに手ぬぐいやタオルを葉とぬか袋の間に挟んであげてください。
少しでも熱いと感じたら、長い時間肌に当てることで低温やけどの危険もありますので
ちょうど「気持ち良い」とお子さんが感じる程度に調節してください。

※胸の方を嫌がるようでしたら(仰向けをいやがる)背中でやってみてください。
その場合は肩甲骨の間に当ててください。

★Tさんも二人のお子さんや、介護をしているおばあちゃんなど家族にしてあげて
段々セキが収まり、安心して家族が眠りに入れた様子を何度も見ているそうです。
これから、花粉症の季節になりますので、鼻づまりで荒れた喉で苦しい時もいいかもしれませんね。

セキが悪化する時は、夜布団に入ってからの事が多く、病院などにも行けない事が多いですので
そんな時に、お母さんや家族がしてあげられるケアの1つとして、どうぞご活用くださいね。

テーマ : *ナチュラル スタイル*
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】店長YONE
「しめつけない・冷やさない・肌にやさしい」シルクのインナーウェアと、リネン生活雑貨のブランドPeaPodの店長・YONEです。自然なお産、青空保育、子どもの病気やアレルギーなどの体験をきっかけに、天然素材の力を活かした商品の企画・販売をしています。肌と心がいつも自由でいられる、そんな着心地のインナーや雑貨をお届けしたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR