冷え取り体験談・妊婦さん、小さい子どもの場合

冷え取り体験談・妊婦さん、小さい子どもの場合
最近冷え取りデビューされたお客様の体験談をご紹介します。

現在妊娠7カ月で5歳と2歳のお子さんがいらっしゃいます。
妊娠中に冷え取りを始められたそうで、ご本人のご了承を得て、
話の流れ上、スタッフとお客様のメールのやりとりよりご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(H・Nさん・11月にいただいたメールより部分抜粋)
peapod御中

お世話になっております。
8日に商品が届きました。 早急に送ってくださりありがとうございました。

今回は冷え取り靴下1枚目両足の上下の踵に穴があきまして、
再注文させていただきました。重ね履き、温かくてやめられません。

始めてからこんなことがありました。

少し前に片方の1箇所の踵に穴があき、「オッ!」と思っていたところ
妊娠7ヶ月に入ったところでお恥ずかしながらカンジダ膣炎にかかってしまい、
ポンポン!と一気に全ての踵に穴があいてしまいました。

いただいた資料を見れば踵は婦人科系。。。
タイミング的にドンピシャリで驚いております。こんなことあるんですかね。。。?
毒が出ているということなのでしょうか。恐るべし冷え取り。。。(笑)

今回購入したウールの靴下は本当に温かいですね。
綿のカバーソックスに戻れなくなって困ってます(笑)
それでまたチャコールとキャメルも注文させていただこうと思います。
カルソンパンツもとても温かく、今年の冬は冷え知らずで過ごせそうです(^_^)

(PeaPodスタッフより返信)
H・N様

この度は、冷え取りの貴重な体験を聞かせていただきありがとうございます。

お話の様子から、タイミング良く妊娠中に冷え取りを始められたことで、
体の反応が早く、毒だしが素直にできている
のかなあと感じました。

実は、私も妊娠中が一番、体の様々な反応が出やすくトラブルも多く
良く無事に出産できたと今となっては思うほどだったのですが…
それも、それから子育てを元気にしていけるように、
子どもが私の体のリセットを手伝ってくれたのかなあと考えています。

Nさんは、本当に良いタイミングで、冷え取りに出会ったのではないかと
お話を伺って、勝手に少し嬉しくなってしましました。

かと言って、カンジダ膣炎は辛いですよね…
実は、私もちょうど同じ7~8か月の頃にかかりました。
大きくなったお腹で良く患部の様子もわかりにくく、
その頃、冷え取りを知っていたら、もう少し楽に過ごせたかなあとも思います。

先日、アレルギーのお子さんの事でPea-Houseに相談に来られた方にも、
お話しましたが、出すべき物をスムーズに押し出してあげることを基本に考えて
お母さんがケアしてあげると、お子さんも気が楽です。
出さないで通り過ぎるのは、溜め込むことになるだけなので、
出せている事に感謝していきましょう、とお話しました。

赤ちゃんが生まれてきてくれた後に、元気なママでいられるように
N様もゆっくりコツコツと続けてみてくださいね。

(H・N様より再び返信メール)

(略…)私は以前から薬や栄養ドリンク、マッサージ等の効果が現れやすく
反面疲れや化粧品等の影響も受けやすいタイプではあったのですが
釘嵜さんの「タイミング良く妊娠中に冷え取りを始めた」
「毒出しが素直にできている」というご感想を読んで納得です。
妊娠中は代謝も良くなりますしね。
次はどこに穴が開くのか楽しみです。

アトピーのお子さんのお話もありましたが、我が家にも軽度のアトピーの子が2人おります。
季節の変わり目やこれから特にひどくなります。
塗り薬は本当にひどい時に使用して、ヨモギクリームやワセリンで保湿を頑張っています。
食事は厳しく制限しておりませんが、味噌汁やぬか漬け、納豆、豆腐など
発酵食品と大豆製品は毎日摂るようにしています。

でも本当は肉類や乳製品やスナック菓子とかやめれば良いのでしょうけど。。。
子供の毒出し法って何かあるのでしょうか?
5才と2才ですが冷え取りは靴下。。半身浴。。は無理ですよね。腹巻き?
何かアドバイスいただけたら嬉しいです!


(スタッフより、経験からお返事)

(…略…)小さいお子さんの毒だし&冷え取りですが…
基本的に「子どもは自分で毒を出す力がある!」と考えています。

生まれ持った生命力が強い事と、頭により思考の邪魔がないこと
自然に近い過ごし方をすることで、大人よりはるかに毒だしが上手で
もし、アトピーなど色々症状が出ていても、それ自体が毒だしです。

症状を喜んで見守ったり、押し出しを邪魔しないような生活をするだけで充分だと思います。

■「邪魔をしない」の具体的な事と言えば…■

・必要以上に食べさせ過ぎない。
過食は代謝など体の自然な働きの妨げになります。
もし、子どもがとても食べ物を欲して仕方ない時は
別の要求の代わりの場合もあります。「寂しい、つまらない、寒い、甘えたい。」など
角度を変えて対応してあげると案外治まったりすることも多いです。

・冷やさない。  
と言っても、特別な体質で無い限り
子どもは発熱が大人より、上手で動きも活発なので
良く運動したりなるべく歩いたりするだけで充分だと思います。
運動を良くすることで、悪い物も一緒に発散しています。

・押し出しの助けが必要な時を見極める
上にも書きましたが、そもそも症状自体が毒を上手に出せているので
放っておいても大丈夫。
でも、子どもも弱る時や食べ過ぎや過労など毒が押し出しきれないほど
溜まってしまうこともあるので、時に押し出しを手伝ってあげる。

助けが必要かどうかのポイントは「子どもが辛そうかどうか?」です!
            
これがとても大切で、つい症状だけを見て同じ対処をしがちなのですが
今までたくさんのお子さんを見て来て、同じアトピーでも平気で遊んでいられる子と
機嫌が悪く辛そうなケースとがあります。

機嫌が悪い場合は、自分での押し出しが上手く出来ないから
ヘルプを求めている時です。

そんな時には、足湯や梅醤番茶(飲めたら)生姜を取り入れた料理やスープで温める。
また、食べ物を軽くして消化にエネルギーを取られないようにするなど
体が毒を出しやすいよう手伝ってあげます。
(子どもの様子を見て、1食を極軽くりんごなど果物だけにするのもいいです。)            
弱っている時は、子どもも案外素直にこういう物を受け入れるので
子どもはつくづく自分に必要な物は知っているのだなあと感じます。

長くなりましたが、子どもがだいぶ大きくなって強く感じるのは
小さい内に、色々出しておいて本当に良かった、と言うことです。

お母さんが傍でケアしてあげられる、困ったらすぐにサインを出せる。
そんな時期の内に、子どもは分かって毒だしをしているのかもしれません。

やっぱり、大きくなってからだと、本人なりに頑張らなければならない場面も
増えて辛く感じると思うので。

あとは、症状が出た時にお母さんが不安にならずに、
「良かったね、悪い物を出せたね。すごいね、えらいね!」
と褒めてあげると子どもは、自信を持ちます。

ぜひやってみてくださいね。

逆に、症状でお母さんが慌てたり、困っていると子どもは
「悪い事をした??」と感じたり、自分の体へのトラウマになったりします。
だから、どんどん前向きにお母さん自身が、声かけしてあげてくださいね。

ちなみに、スナック菓子などは子どもが大きくなっていくと
勝手に口にする場面が増えたりしますよね。
幼児でもお友達の内で口にする機会があったり…
でも無理に「ダメ!」と言うのもストレスかもしれないので
外ではたまに口にしてしまうかもしれないけれど
わざわざお家には置かない!くらいでもいいと思いますよ♪

添加物など成分なども気になりますが、どちらかと言うと市販の濃い味付けに慣れてしまって
シンプルな素材の味など本当の美味しさが分からなくなってしまうと
味覚は元に戻しにくくなります。
お家ではシンプルな物をいただき、刺激的な物はたまにお楽しみで外で食べるもの
と言う感覚になったら一番いいのかなあと。

家の娘も高学年~最近まで、ジャンクフードなども自分で食べていましたが
このところ冷え取りを本格的に始めたのと、大人になってきたのもあるのか
そういう食べ物を欲しなくなってきました。

自分で「本当に必要な物、体が求める物を選んでいる」気がします。
それも、家ではなるべくシンプルな味を出してきた成果なのかなあと
勝手に勝利した気分になっています♪



妊娠中から、産後授乳中までシルクボディインナー
カシュクールチャコール

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】
ヨネクラ&クギザキ
ぜん息があり、肌が弱い娘をもつkugizakiと、川崎病を経験した長男とアトピッ子の二男を含む3人の子どものママyonekuraが、産前・産後の女性特有の心とからだの変化や子どもとの毎日の生活を通した体験から生まれたマタニティからのオリジナルシルク肌着・授乳ウエアのショップです。身体と心に正直に「自分を大切にする生き方」を日々子どもと接するお母さんにこそ知って欲しいと願いを込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR