パッケージとエコのバランスについて

昨日ココカラ堂のママぞうさんと話をしている時に
最近考えていたことをまたつらつらと思いました。

それは、パッケージとエコのバランスについて。

当たり前だけれど、パッケージは少ない方がいいに決まっているし
私自身も、お買い物の時には、「それいらないな」と思った包装は
「入りません。」といつも断るようにしている。

パン屋さんの個包のビニール袋とか、スーパーの袋とか。
衣料品とか、雑貨なんかでも、バッグに入りそうなら入れてしまう。

そんなに、厳しく省エネ(エコ)を自分に課している訳でも
しっかり考えている訳でもないけれど…
やっぱり単純にゴミはなるべく出さない方が、手間暇も省けるし
処理に困る量も減って行く。

それで昨日の話は、ママぞうさんが「お腹が空いた!」と言う娘さんに
お店でチョコクロワッサンを買ってあげた時に、
店員さんが「大きめの袋いりますか?」と聞いたので断ったら
そのまま(たぶん紙の包みがあって手に持てるようにはなっている。)渡されて
熱々だったし、自転車でお持ち帰りだったし、「一瞬どうしよう??」と感じ
包装の加減ってどの辺がちょうどなんだろう??と、雑談になった。


う~ん、難しいなあと。
スタンダードはそれぞれの店やお客さんによっても違うだろうし
フランスではバゲットはほとんどの店が何も包んでいないから
パンむきだしのまま持ち帰るのが普通だし、
デパートやスーパーで、揚げ物1個だけでパックに入っていて
もったいないなあと思う事もある。

簡易包装の食べ物は、家が近くてすぐ持ち帰れるならいいが
例えば電車に乗って帰る時とか、今すぐは食べない時とか
状況によってもベストな方法は違う。

私が子どもの頃は、おやつのお肉屋さんのコロッケは熱々を
そのまま手にもらって食べるおやつが美味しかったし
やっぱり色々ケースバイケースなのかなあと思う。


ところで、PeaPodの製品のパッケージは、ここ数年スタイルが決まってきているが
はじめのうちは、色々と試行錯誤をしてきました。

もちろん!なるべく簡易包装にしたいとは思っています。
けれど、削りすぎて省き過ぎて、受け取った方が不便に思ってもいけない

そんな考えもあって、パンフレットを今年から商品毎に分けていて
注文をいただく度に、お客様のお買いもの履歴を確認し
荷物に入れる印刷物を選んでいれています。

例えば、ついこの間にご注文をいただいたばかりの方には
同じ物を何度も入れないようにしたり
母乳パッドの印刷物は妊産婦さんだけに入れるようにしたり…
必ずしも、それがニーズに合うとも限らないのですが
その時その時の判断で入れられるように心がけています。

パッケージでは…

●パッケージも、そもそもネットショッピングで商品説明は充分HP上で
見ていただいているので、製品のパッケージは取り扱い説明を
いれるのみでシンプルに。

●お荷物の量が多く、段ボールでの配送になる場合は
わざわざ新品の段ボール箱を用意せず
PeaPodへ届いた荷物の段ボールをリユースしています。
(一言、リユース段ボールを使用しています。と箱に書いています。)

●また、安く配送できる郵便へ対応できるように
出来るものはなるべく薄くパッケージしてあります。
そうすることで、ポストに入りやすく配達の人も困らないし
受け取られる方もきちんとポストに入っていて安心です。
(ポストの形状によっては入らないこともありますが…)

●時には、オリジナル製品ではない仕入製品の場合
入荷されてくる形状がお客様の希望する郵便荷物の規定(レターパックライト=厚さ3cまで)に
収まらない時があり、そのような時には宅配便へ変更すれば早い話なのですが
製品をパッケージから出して畳み直し、収まる形状に包み直してから
梱包し、お客様の希望通りの配送にする場合もあります。

このように、できるだけ簡易にする努力をしながら
不親切にならないようにしようとすると、
やっぱりバランスが大切で、マニュアル通りの梱包ではなく、
一人一人に個別に対応していくのが良いのかなあと感じています。
なんだか、昔の商店みたいですね♪

皆さんは、ショッピングでのパッケージをどのように感じますか?

商品により一概には言えませんが、エコも大事だけれど
ほど良い包装がいいなあと
感じたりしないでしょうか?

良かったら、コメントなどにご意見お聞かせくださいね。

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】
ヨネクラ&クギザキ
ぜん息があり、肌が弱い娘をもつkugizakiと、川崎病を経験した長男とアトピッ子の二男を含む3人の子どものママyonekuraが、産前・産後の女性特有の心とからだの変化や子どもとの毎日の生活を通した体験から生まれたマタニティからのオリジナルシルク肌着・授乳ウエアのショップです。身体と心に正直に「自分を大切にする生き方」を日々子どもと接するお母さんにこそ知って欲しいと願いを込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR