受験と個性と、母の気持ち

今日は、スペースレンタルのご予約があり
お店は休業ですが、オフィスでちょこちょこ仕事を
しています。

その合間に、ちょっと受験生母の気持ちを書いてみます。

受験もだいぶ佳境の娘。
週1の家庭教師とのやりとりがたまに聞こえてくると、
「大丈夫か??」と思うくらい、数学が進みません!

昨日も10%って何??と100分率がわかっていないよう……
未だに二乗も分数もたまに怪しい…

家庭教師の先生が可哀想になるほど、
教えても教えても理解できないらしい…

先生、実に粘り強くやってくださっています。

先生でこうなんだから、
これじゃあ、今までいくら私が教えても無理だったわけだあ!
と妙に納得…

もしかしたら、ここまで数学的思考がつかめない人には、
特別なトレーニングができる先生でないと難しいのかも??
と思うくらいのレベルです。

でも、本人は分からないなりに、努力を続けています!

とまあ、勉強は相変わらずスローペースながらも、
明るく「音楽が好き!」と言う娘には、
やっぱり別の才能(深く悩まない分、いつも明るくしてられる?!)
があるようで、見れば見るほど「この子はこれでいいか!」
とつい思ってしまう私。

の反面「でも、高校生に本人はなりたいんだもんなあ…
やっぱりもっと理解できるようになった方がいいのか?」
と親としては、想いがいったりきたりしてしまいます。

勉強とかテストの点とかを除けば
私的にはこの子はこの子のままで100点満点!!なんだけどなあ…


そんな私の心境にフィットした曲をみつけました。

たぶん恋愛がテーマなんだけど…
お母さんも、こんな気持ちだよね…と思います。

最近知ったお気に入りの曲
http://www.littleoslo.com/lyj/home/2013/08/juju-守ってあげたい-歌詞-pv/

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】
ヨネクラ&クギザキ
ぜん息があり、肌が弱い娘をもつkugizakiと、川崎病を経験した長男とアトピッ子の二男を含む3人の子どものママyonekuraが、産前・産後の女性特有の心とからだの変化や子どもとの毎日の生活を通した体験から生まれたマタニティからのオリジナルシルク肌着・授乳ウエアのショップです。身体と心に正直に「自分を大切にする生き方」を日々子どもと接するお母さんにこそ知って欲しいと願いを込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR