布ナプをオススメする大きな理由/子どもと身体や性の話が日常的にできる

PeaPodが布ナプをオススメする大きな理由は?
「子どもと身体や性の話が日常的にできる
   環境作りになること!」


最近、「娘に布ナプキンを薦めたいと思うのですが…」と言うご相談を良く伺います。

「肌が弱くてかぶれる」「生理痛が辛い」など布ナプにたどり着いた
理由は色々なのですが…
やはり、一番に困るのが「娘にどう伝えたらいいか?」で
皆さん、相談をされます。

良さそう!良いと聞いたから~、
調べてみたら娘には布ナプキンが良いと思った
など…娘の体や将来を心配していらっしゃいます。

でも、やっぱりこの「どう伝える?」が難しいですよね。

もし、布ナプキンをお母さん自身が使っていて
それが当たり前の日常でしたら、きっと自然に良さを伝え
布ナプの伝承が出来ていくと思うんですね。

それは、お母さんが「布ナプを知った。(興味を持った)」とか
出会ったタイミングがたまたま違っただけで
たまたま、娘が生まれる前から愛用者だったのか
娘の成長をきっかけに知ったのか?ただそれだけの違いです。
だから、布ナプ自分自身がを使っていたかどうか?は
問題ではありません。

でも!それでも、こうした相談を良く受けるようになって
どうしても感じてしまうのは…
「やっぱり、先ずはお母さんがやってみないと!」と言うことであり
いくら信頼するお母さんのススメであっても
子ども(娘)からしたら、ただ「良さそうだよ!」と話を
伝えられるよりも、日常の中でお母さん自身が愛用しているのを見て
「やっぱり、布ナプはいいのかな?」
「お母さんは良いと感じているから使っているんだよね…」
と、背中を見て、ではないのですが
お母さん自身の実感が伝わっていく!のが
一番、説得力があって、信頼できる
のではないかなと思います。

ちょっとナナメに大人をみていた私の子どもの頃だったら
絶対「じゃあ、お母さんがまずやればいいじゃん!」と
思っただろうなあ。と。

でも、その「まずお母さんがやれば…」をお母さんが
少し躊躇してしまう気持ちもわかります。

娘さんが月経の悩みを持つ年頃と言う事は
お母さんは、かなりの時間を月経と過ごしてきた
ベテランであり、おそらく残りの月経の方が少ない。
少ない月経のために、今から布ナプへシフトなんて
考えもしなかったかもしれません。

まして、とっても我慢強く頑張ってきた方も
いるかと思いますが、これまで特に布ナプキンに
出会うタイミングがなかったのは、そんなに大きなトラブルや
思い症状などが無くて、必要性を感じないのに
「今更…」と言う気持ちもあるかもしれません。
布ナプ&バケツイメージ


私は、と言えばたまたま月経症候群が重く寝込むような時もあり
娘が小学校3年生くらいになった時に
「このままでは、娘にとって月経は恐怖になるかも?!
そこまでいかなくても、とてもじゃないけれど肯定的に
私自身が伝える自信が全くない…
それに、自分の体のケアを怠っていた私(母)が
これから思春期になっていく娘に『自分の大切にしなさいよ!』
と話しても、なんの説得力もないんじゃないか?!」
と気付いてしまったんですね。

本当に、たまたまそのタイミングだったから
娘より少し早く布ナプを使い始めることができて
娘自信が性とか生理に興味を持つようになった頃には
ちゃんと冷静に話せるようになっていて
その流れで自然に娘は布ナプでデビューを迎え
普段から、自分の体のサインを自分でみること
不調を感じたらこまめにケアしていくこと、分からない時は
母親に相談したり、質問すること、と言うのが
日常になっていたんでね。

本当に、どれもたまたまのタイミング。

長くなりましたが、じゃあ「今更…」と一瞬感じてしまったお母さんも
裏を返して「たまたま無かった…」ではなくて
「たまたま、今出会いのタイミングが来た!」と
思いなおしてみてはいかがでしょう?

残りが少なくたって、恩恵が無い訳ではありません!
まだまだ人生は長い、更年期の体にもつなっがっていきます。
更年期を元気に過ごすことで、健康な老後にも
つながっていくかもしれません。
だって、体は日々の積み重ねで出来ていくのですから~!

それだけでなく、娘さんとこれから身体の話や
性の話をしやすくなったり、自信を持って
伝えられるようになると思います。

ここの部分をきちんと話せる家族は
とっても深い根っこのところで信頼で
繋がっていくようになると考えています。

性を肯定することは、自分の生(存在)を肯定すること!
家族で、親子でそれを肯定し合える安心な関係は
きっと一生ものだと思います。

そうして育った女の子達、もちろん男の子も皆
自分の根っこに肯定感を持って生きていけるから
何があっても、自分らしく前向きに人生を切り開いて
いく人になると思いませんか?

布ナプはほんのきっかけかもしれませんが
私達は、その後の生き方とか一生の体との付き合い方を学ぶ
とっても大きなツールになると思っています。

ぜひ、お母さんから楽しんで始めてみませんか?

ご相談・使い方のレクチャーなどは
いつでもPeaPodでしています。
お気軽にお問い合わせ&ご来店くださいませ♪

PeaPodの月経ケアという発想の布ナプキンhttp://shop.peapod.jp/?mode=cate&cbid=588351&csid=0
布ナプキンと月経ケアのススメ

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】
ヨネクラ&クギザキ
ぜん息があり、肌が弱い娘をもつkugizakiと、川崎病を経験した長男とアトピッ子の二男を含む3人の子どものママyonekuraが、産前・産後の女性特有の心とからだの変化や子どもとの毎日の生活を通した体験から生まれたマタニティからのオリジナルシルク肌着・授乳ウエアのショップです。身体と心に正直に「自分を大切にする生き方」を日々子どもと接するお母さんにこそ知って欲しいと願いを込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR