絵本を子ども達へ届けてくださる方を探しています!

特に、救援物資を運搬している方、
お心当たりのある方や、つてのある方に拡散希望!

絵本を子ども達へ届けてくださる方を探しています!



私PeaPodクギザキが発起人として始めた
【被災地の子ども達へ絵本で笑顔を送ろう!】プロジェクト

現在、被災地や避難所へ救援物資を届ける活動をされている方

こらから物資を運搬予定の方

被災地や避難所近くの安全な場所にある
教育関係者の方や、保育園などにつながりのある方

被災地近くに物資を運べる状態のお知り合いやご家族がいる方などで

未だに、不便で困難な状況にある子ども達に
心のケアや、栄養、やすらぎにもなるだろう絵本を
届けてくださる方や、団体を探しています!

まだ、生活自体が整わず、寒い中満足な食事や医療にも
かかれない状態であることは充分承知です。

物資の優先順位としても、絵本などは娯楽と思われ
まだ品目に入れてくださるところも少ないことも分かっています。

また、現地へ物資を運ぶには
準備の段階から、ボランティアを集めること
行程の大変さと、思うように届けたい所へ持っていけない
事があることも想像できます。

でも!
そんな皆さんの大変な状況を分かった上で
それでも、一日でも早くお願いしたい理由があります。

個人的な考えかもしれません。
どの子どもにもあてはまることではないかもしれません。
でも、一度下記の理由に目を通していただけると嬉しいです。

<絵本を届けたい理由>

1、子どもが体調を崩す原因には、心理的なストレスが多く関係すること
(喘息などは、特にそういわれたりもします。)

2、大人と違い、子どもが生きていくためには
 絶対的に、日々の生活の中で、明るさや希望を感じる時間が必要です。
 感受性を大いに発揮して、食べ物と同じくらいそれを栄養にして
 育っていく子ども達には、
 目の前には厳しい現状があっても
 その本来の明るさを取り戻したり、なるべく我慢せずに心置きなく
 表現できる時間が、本当に大切です。

3、そして、どの地域での震災でも
  子どもだけ無く大人も問題になったPTSDが懸念されます。
  震災でなくとも、PTSDへの対応は早ければ早いほど有効だと言います。
  特に、子どもは本来限りない明るさを持っている存在ですので
  絵本を通して、心を癒したり、親子や周りの大人たちと心を通わせることで
  かなりのケアができるのではと考えます。

4、その効果は大人にもあると考えます。

  子ども達がなるべく普段の生活に戻り
  徐々に明るさを取り戻すことで、周囲の大人たちの負担も大きく減り
  大人達への励ましになることもあります。


他にも、阪神大震災後も、子ども達への読み聞かせや
絵本の存在そのものが、電気も使えず
せまい避難所で多くの方たちとの共同生活の中で
大変役に立ったという、経験も多く語られています。


もし、これを読んで、

また実際に一度被災地の子ども達の表情に触れ何かを感じたりした方

被災地でそのような要望も聞いたという方

学校や、園が被害を受け、ここへ提供して欲しいと言われた
または、心当たりがあるという方

そして、
今後物資の輸送予定がある方と
届けた地ところまでの物流ルートが分かる方

ぜひ、ご連絡をいただけると助かります。




おかげさまで、金曜日に活動をご紹介依頼

今日まで400人近くの方にツイッターでの拡散していただき

多くのお母さん達や、被災経験のある方

またお子さんがいない方でも、子供たちのことが気がかりだった方達に

たくさんのご賛同とメッセージと、すでに絵本も約400冊近く
寄せられています。
皆さん、子ども達の心や、未来を心配されて
そのそばで子育てをされる方々のご苦労と、心も気遣っていらっしゃいます。


仕分け作業をすれば、すぐにでも発送できます。

運搬にかかる準備や、コストなどはできるだけ負担させていただきます。

ご協力いただける方のご連絡を強く願ってお待ちしています。

(株)PeaPod(ピーポッド)
被災地の子ども達へ絵本で笑顔を送ろう!プロジェクト
発起人・責任者 クギザキ宛

メール info@peapod.jp電話  03-3379-1888
    080-1036-5102

絵本プロジェクトの詳細はこちら
http://www.peapod.jp/ehon-project.html

現在寄せられているメッセージはこちら
http://minhagu.blog31.fc2.com/blog-entry-55.html

テーマ : 被災地の子ども達へ絵本で笑顔を送ろう!
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】
ヨネクラ&クギザキ
ぜん息があり、肌が弱い娘をもつkugizakiと、川崎病を経験した長男とアトピッ子の二男を含む3人の子どものママyonekuraが、産前・産後の女性特有の心とからだの変化や子どもとの毎日の生活を通した体験から生まれたマタニティからのオリジナルシルク肌着・授乳ウエアのショップです。身体と心に正直に「自分を大切にする生き方」を日々子どもと接するお母さんにこそ知って欲しいと願いを込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR