熱中症にならないために・室内環境コントロールと服の選び方

先日ニュースで、7月中旬のまとめで熱中症搬送数が東京がダントツで多いことを報じていました。

「あれ??」と思いました。

 

だって、今年の夏の実感としてまだそんなに暑さが厳しいと感じてはいなかったものですから。

天気予報をみていても、九州や四国の方が気温がもっと高いし、関東でも毎年ニュースになる群馬とかは暑い日もあったと思いますが、東京はまだまだ全然でした。

なのになぜ???

 

これ、あきらかに熱中症になる人が多いのは「天候のせいではなく、不健康(代謝が悪い)」のが原因ですよね

いわゆる都会病(?!)というものでしょうか。

 

こんな調子では、ますます温暖化・熱帯化していく日本では、今後も暑さに耐えきれない人が増えるばかりです。

しかも、そもそも汗を良くかき代謝のいいはずの子ども達まで、熱中症にかかる子が多いのは、やはり生活の影響からくる全身機能の低下が心配になってきます。

 

じゃあ、どうすればいいか??

答えは簡単で2つ!!

ですが、具体策も書こうと思うので長くなりすぎないよう2つの記事に分けて書いていきますね。

 

その1つ目は『空気コントロール(室内の温度調節)をしないこと。』

 

普通に考えてみてください。世界にはもっと気温の高い国はいくらでもありますし、日本でも沖縄など地方ではもっと暑い夏を毎年過ごしている人々はたくさんいるんですから。

 

室内の温度(だけでなく湿度も)をコントロールしてしまうと、本来体が汗をかいて気化熱で冷やそうとしたり

内臓が連携して暑さに対応するための夏仕様になって働いている機能を使う必要が無くなってしまいます。

そうするとどうなるか?わかりますよね。

いつの間にか、それらの  機能はお休み状態から、働かなくなってしまい、ひどいとその機能の動かし方さえ忘れていってしまいます。

 

分かりやすく言うと、汗をかけないで体に熱がこもってしまったり、汗とともに出ていく老廃物なども外へ出せなくなってしまいます。これって恐ろしいことですよね。

 

季節は夏で、外は夏でも、室内で常に夏では無い環境で暮らしている状態になっているのですね。

それなのに、夏だからと夏の食べものを食べ、つい冷たい物を取ってしまうとどうなるでしょう??

体への負担はさらに大きくなります。

夏の食べもの、例えば熱を取る瓜類とか、汗の代謝を促すスパイシーな物などは、暑い環境にいるからこそ体に良い訳で、暑いところにいないならば、かえって体を冷やし、さらに代謝を下げることになる可能性は無いでしょうか?

 

だって、春にスパイシーな物や身体の熱を取る食べものって食べたいとあまり思いませんものね。

 

分かりますよ「そんなこと言ったって、今の暑さが我慢できない!」と言う気持ちも。

でもね、考えてみてください。

そうして、自分の体を弱めて弱めて行った先に、どれだけ健康に影響があるかを!

年を取れば取るほど代謝は下がるものです。

体を使わずにサボリにサボった後に、どんな体になってしまっているかを想像してみてくださいね。

健康を崩すのは簡単ですが、取り戻すのはとても大変です。

 

ぜひ、目先の涼しさよりも、暑さでもへこたれない丈夫で健康的な体を目指しましょう。

 

◆室内コントロールをせずに涼しくなる具体的な方法◆

 

・夜室内の気温を下げる方法

 

夜は街でも部屋より外の気温が下がります。その涼しい空気を取り入れるためには上手な扇風機の使い方が必要です。扇風機は2台有る方が望ましい、特に2部屋以上あるお家の場合。

先ず室内の高い温度の空気を出すために(車の中の熱気を想像してください。)扇風機は窓際に置き、窓の外へ向けて回します。

次に、反対側の方向の窓際にもう1台の扇風機を今度は室内に向けて回します。

これで効率的な風の流れを作りながら、外の冷気を入れつつ、室内の熱気を逃すことができます。

(部屋が1つしかない場合は、外向きの扇風機1台で充分空気が入れ変わります。)

 

間違っても自分に向けて回さないでくださいね。それって、部屋の中の熱い空気を回しているだけですから。

 

・電化製品の熱は案外影響が強い。

 

我が家では、普段使いの電化製品はキッチンの冷蔵庫・炊飯器・トースター、リビングにはテレビ・DVDプレーヤー・夏は扇風機と冷風扇があります。(たぶん少ない方)

そして、それ以外の部屋には電化製品は置いていないのですが、電化製品のある部屋と全く無い部屋では室内の温度があきらかに違います。

 

ですので、なるべくなら寝る部屋には電化製品は置かないのがベストだと思います。

もしくは、お休みになる1時間前にはその部屋の電化製品は全てオフにし、電化製品から出る熱を止めましょう。

 

もう1つ電化製品からの部屋の温度を上げる原因を避ける方法として、置き方にも工夫を。

冷蔵庫を設置する時に必ず壁から10cm以上離して、と注意書きがありますが、これどの電化製品にも言えます。

とにかく電気ですからどの電化製品も熱を持ちます。

なので①風が通る場所に置く②置く時には、必ず少しスペースを開ける(部屋の奥のコーナーにいくつも集めるとそこだけすごい熱になります。)などするとだいぶ変わりますよ。

 

・衣服で賢く涼しくなる

 

これも大昔から人の知恵でやってきたことなんですけれど、忘れ去られてきていますね。

 

夏の衣服の工夫と言えば、素材、風通しの2つにつきますね。

<素材>

素材による違いはご存知の方も多いと思いますが、やはり天然繊維の持つ底力のすごさと言いますか、自然の持つ生命力を想像すれば当たり前ですね。

コットン、麻(リネン)羊毛、繭(絹)全て生きていくために備わった機能ですから、暑さに耐え、寒さに耐え、湿気や乾燥も調節しないわけにはいかないんです。

その、天然繊維の力を人間はお借りして、体を守るために利用しているのですから。

 

その中でも、やはり夏向き、特に肌着向きなのは、吸水性・乾き・肌触りの点からシルクになるでしょう。

それぞれの繊維の特徴を最大限に生かすと、麻(リネン)は吸水性は良いのですが肌触りや柔らかさの点で、一般的にアウター向き、もしくは寝具に向いています。

ウールなどの羊毛類は乾きが早いので、夏にも汗の蒸発が早く蒸れないので靴下として快適です。

綿製品は、この3つの繊維に比べ、乾きが遅いと言う点から、大量に汗をかく時期には汗冷えの原因となることも多いので、どちらかと言うと肌に直接よりも、アウター向きだと考えます。

用途により、使いわけるのが涼しさのコツです。

 

<風通しの良い服>

 

どんなに素材を選んでも、体と衣服の間に空気が通る空間の無い衣服だと、体の熱が放出出来ないので涼しくなりません。

部屋の風通しと同じ理屈ですね。

肌と衣服の間に適度に空気が通るような、ピタッとし過ぎない服を着ること。

そして、空気は冷気は下へ、暖気は上に登る傾向がありますので、下半身だけが冷えないように、出来れば夏も靴下を履く。汗冷えを防止するため、汗を良くかく腰回りやモモ周りは1枚汗を良く吸うアンダーパンツやペチコートのような物を履く方が気持ち良いですよ。

暖気は上へ、の対策として熱が抜けやすいよう、襟ぐりや脇は広く開いている服の方が、効率的に熱を逃して体への負担も軽減します。

特に湿度の高い日は、この衣服の選び方でぐ~んと変わりますので試してみてくださいね。

 

だいぶ、長くなりました。

次回には、「熱中症にならないために・代謝編」を書いてみます。

 

夏イチオシ&人気のアンダーウエアはこちらでどうぞ

★シルク100%五分丈パンツ

五分丈パンツバナー

http://shop.peapod.jp/?pid=34793783

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】
ヨネクラ&クギザキ
ぜん息があり、肌が弱い娘をもつkugizakiと、川崎病を経験した長男とアトピッ子の二男を含む3人の子どものママyonekuraが、産前・産後の女性特有の心とからだの変化や子どもとの毎日の生活を通した体験から生まれたマタニティからのオリジナルシルク肌着・授乳ウエアのショップです。身体と心に正直に「自分を大切にする生き方」を日々子どもと接するお母さんにこそ知って欲しいと願いを込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR