お気に入りのリネンを長持ちさせるコツ 

< お気に入りのリネンを長持ちさせるコツ >

PeaPodリネン製品の製造をお願いしている、滋賀県の麻専門業者の担当のNさんは
東京への用事がある度に当社にこまめに寄ってくださり
今後の製品作りの相談や、原料の新ネタを話して行かれます。

リネンシーツ色見本


ちょうど本日もいらして仕入れたばかりのネタを!

リネン製品をお使いのお客様やスタッフの間でも、洗濯方法により、
ずいぶんと経年変化の差があることがあり、長持ちのコツを聞いてみましたら、以下の2つが良いそうです!

1、リネン(麻)は生き物と思って、適度に洗濯して水通しを!

綿ほど洗濯しなくても、匂わないし爽やかなので、ついつい洗濯頻度が少なくなるリネンですが…
元々植物なので、あまり乾燥させず、定期的に水通しをすることで
生地のコンディションが良くなるそうです。

また、麻は水を通すほど強くなる性質があるので、汚れやにおいが気にならなくても
しゃんとさせる!という意味で、お洗濯をしてみてください。

お風呂場のタオル

2、天然繊維リネンは、やはりネットに入れてお洗濯。

これはどの天然繊維にも必要で、衣類だけでなく
タオルやシーツもネットに入れた方が、洗濯槽の壁にぶつかる刺激で
生地を傷めずに済むので、長持ちするそうです。
  (昔は、手で洗っていたので加減ができたんですものね。)

☆ これはおまけになりますが…

実は麻も、絹糸と同じ中空糸構造なのだそうです。
繊維の中央が空洞になっているため、素早く余計な水分を逃し快適さを保ち
また、熱気が抜けやすいことで冷感作用があるそうです。

確かに、植物ってあまり熱がこもるとダメになってしまうので
生きていくために持つ天然の力なんだなあと、
あらためて自然の偉大さとその力を少しずつ借りて生きている人間の暮らし
と言うのを感じました。


PeaPodのリネン製品

●シーツ・敷きパッド

●リネンダブルガーゼタオル

●リネンFreeクロス(お皿拭き・ランチョンマット・カバーなど使い方Free!)

●シルク&リネンマスク(リネンの抗菌性とシルクの肌への優しさ)

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】
ヨネクラ&クギザキ
ぜん息があり、肌が弱い娘をもつkugizakiと、川崎病を経験した長男とアトピッ子の二男を含む3人の子どものママyonekuraが、産前・産後の女性特有の心とからだの変化や子どもとの毎日の生活を通した体験から生まれたマタニティからのオリジナルシルク肌着・授乳ウエアのショップです。身体と心に正直に「自分を大切にする生き方」を日々子どもと接するお母さんにこそ知って欲しいと願いを込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR