シルク&ウールで最高の温かさと、ゴムからの解放で体にも優しい「はらまきレギンス」

シルク&ウールで最高の温かさと

ゴムからの解放で体にも優しい「はらまきレギンス」

 

あらゆるタイプのレギンスやアンダーウエアを試してきたスタッフが

レギンス至上、最高の温かさだと自負する「シルクウールはらまきレギンス」

 

ショップページだけでは伝えきれないその素晴らしさを3つの重要なポイントに分けてお伝えします。

 

●シルク+ウールは最強の繊維コンビ!!●

はらまきレギンス手触り  

シルクは、極寒地域に生息する白クマの毛と同じ、糸の中がストロー状の構造。

この糸の空洞に体からの熱を蓄え逃さないことで、保温性が高いのです。

これは、綿や麻には無い動物性繊維だからこその特性で、そもそも植物は高い温度を保つ必要は無く、動物の命を守るために備わった天然の機能なのです。

 

シルクは、保温性の高さだけでなく放湿性にも優れていて、余分な湿気を素早く外へ逃がす性質もあります。

繭は天然のシェルターと言われるように、糸がまるで呼吸をするように、温度・湿度まで調節し、常に快適な状態を保つようになっているんですね。

だから、蒸れて気持ち悪い事も無く、保水してひんやりする事も無く、いつでも心地よく肌に寄り添い、守ってくれるのです。

 

そして、ウールは同じく命を保護するためのものですから、体温を逃がさず冷えから守れるように出来ています。

特に、シルクと組み合わせると、シルクが外へ逃した水分(湿気)を熱に変える特性を持っているため、より保温効果が高まり温かくなるのです。

 

シンプルに自然の持つ力や仕組みを考えれば、当たり前と言えば当たり前なのですが

人間は昔から、その自然の力を借りて、活かしながら生きてきたのですね。

 

シルク+ウールが、温かさと言う意味では、最強のコンビだと言う事がお分かりいただけたでしょうか?

 

●ゴムの弊害からの解放!

ゴムの無いレギンスとあるのでは大違いなんです!●

レギンスはらまき説明  

締め付ける下着やゴムで苦しさや不快感、またかゆみや血行障害による様々な症状に悩んでいる方は案外多いそうです。

なんとなく、締め付けるのは良くないよなあと、思っていてもなぜ?

それが良くないのか?どんなふうに体への弊害が起こるのか?

直截的に中々結びつけにくいので、少し調べたことをまとめてみました。

 

先ず、ゴムの直接的な害は

「常に戻ろうとする力が働き、微力ながらも体をじわじわと締め付け、刺激となっていること。」です。

 

そして、この締め付けによる圧迫と、刺激により交感神経が立ってしまう(興奮状態になる。)ことで、ゴムのあたっている部分だけでなく、全身の血流障害が起こってしまう。

 

交感神経優位の状態は、それだけでもストレスフルで体にも精神にも良くはありませんが

(常に力が入った状態で疲れますね…)血流障害による2次的弊害も様々な形で起こって行きます。

その症状は、赤くなる、かゆみ、血流障害で黒ずむ、腰や肩が痛くなる、ボーっとする、集中出来ない、頭痛、月経症候群、目の疲れ、鬱などなど…全身どこに症状出ても不思議ではないそうです。(レイリー症候群=ゴムによる様々な症状の総称もあるそう)

 

でも、怖いなあと思うのは、全身色々な場所に出るのと、2次的に起こる症状のため

辛い症状の原因が、下着(ゴム)からの締め付けだと、認識できないまま、放置されてしまい、益々悪化していくというケースが多い事。

 

やっぱり、体はとても素直です。

症状が出ているのは、体がノー!と伝えてくれてるんですよね。

体は自由で、伸び伸びとしていたいんです!!

 

下着の悩み相談サイトでも、ゴムを止めたら改善するだろうに

「アレルギーかも??」「精神的な原因では??「でも、やっぱりおしゃれな下着を着たいし…」等々、何故か?本質的な問題から外れたアドバイスや、それでも体の声を無視してしまう内容が多かったのを見ました。

 

あまりきちんと語られないまま、現代ではゴムが普及し過ぎていますが

ゴムが無い衣生活を一度してみると、きっと体の喜びや、その解放感をあなたも実感できるかと思います。

 

●腰も冷えない、スースーしない。●

はらまきレギンスバナー 冬にはレギンスやタイツを重ね履きする方も多いと思いますが

案外腰回りはお腹などと比べると、薄着になっていて冷えやすい部分。

かといって、さらに腹巻きを重ねるのも厚ぼったくなるし、気付くとくしゃっとなっていたりして、日中活動時にはちょっと不便なこともありますね。

 

はらまきレギンスは、足首~ウエスト、腰まで一体編みのホールガーメントなので

どこもスースーしないのです。

パンツのウエストの上も、しっかりレギンスが覆ってくれているので、これまでなんとなくウエストやベルトから上が急に冷える感じがあったのも解消し、本当に安心感があります。

 

あと、ウエストゴムが無い分、厚着しがちな冬もウエスト周りがすっきりして太くならず、苦しく無いのも嬉しいポイントだと思いますよ。

 

素材、肌触りの良さ、デザイン、体への優しさと、全てを丁寧に作っているので

けっして安い価格ではありませんが、その温かさと快適さで、お手にとった方はきっと大満足していただける製品だと思っています。

(あまりに手が込んでいるので、職人さんが一日8本までしか編めないほど!)

 

ぜひ、この冬温かさで安心してすごしていただくためにも

健康的な体のためにも、どうぞお試しくださいませ。

 

http://shop.peapod.jp/?pid=96229210

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】
ヨネクラ&クギザキ
ぜん息があり、肌が弱い娘をもつkugizakiと、川崎病を経験した長男とアトピッ子の二男を含む3人の子どものママyonekuraが、産前・産後の女性特有の心とからだの変化や子どもとの毎日の生活を通した体験から生まれたマタニティからのオリジナルシルク肌着・授乳ウエアのショップです。身体と心に正直に「自分を大切にする生き方」を日々子どもと接するお母さんにこそ知って欲しいと願いを込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR