クロネコヤマト便の配送時間変更と働き方改革の取り組み

クロネコヤマト便の配送時間変更と働き方改革の取り組み

作り手→配送業者→消費者まで、すべてが心地よい仕組みとなる

試みにPeaPodは指示を表明します!

 

6月19日より、クロネコヤマト便の配送時間帯が変更になります。

 

変更内容は

これまでの、12-14時の時間帯指定枠の廃止

20時から21時の時間帯指定枠の廃止

19時から21時」の時間帯指定枠を新設

 

変更後の時間帯指定枠は以下のようになります。

 

・午前中(12時まで)
 14時から16
 16時から18
 18時から20
 19時から21

 

それまではこうでした

 

・午前中(12時まで)
 12時から14
 14時から16
 16時から18
 18時から20
 20時から21

 

少しすっきりしたのがお分かりでしょうか?

 

自分の職場環境に置き換えて考えればシンプルに理解できますが

 

やっぱり、休みの時間帯が無く、全ての時間帯を配送できる時間にしてしまうのは

あまりにも過酷です。

他にも、再配達指定最終時間帯も、今までよりも余裕を持った少し早い時間までに変更になります。

クロネコヤマトでは、自社のホームページで、宅急便のサービス内容の変更についてこう説明しています。

 

「ヤマト運輸は労働力確保に向けて職場環境を改善するべく、社員の新しい働き方を創造するために、21日に「働き方改革室」を本社内に新設し、全社をあげて働き方改革を推進している。ヤマト運輸がサービス内容の変更を決断した背景には、この「働き方改革」が関係しており、社員の法定休憩時間の適切な取得や、勤務終了から翌日の始業までの間に一定時間のインターバルを設ける制度の確立など、社員が働きやすい環境を構築していくためである。」

※詳しくはヤマトHPへ

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_170317.html

 

 

 

通販サービスがどんどん膨大になり、益々配送する荷物が増える中

配送業者は、時間帯や休日配達も含めたサービスの拡大をすることで、なんとか対応してきました。

 

ところが、その消費者にとってのサービスの充実が、配送してくれるドライバーにとっては長時間労働や過剰労働などの負担となっています。

その過酷な労働の悪影響は、「きついお仕事」だという認識から、新しい従業員の確保へも悪影響を及ぼし、配送業界全体として、深刻な人手不足も招いています。

 

昨年末は、大手通販業者の稼ぎ時シーズンのさらなる消費者の後押しキャンペーンで

「ブラックフライデー」というのがありましたね。

これは、アメリカの感謝祭に関係して向こうの百貨店・量販店、最近では主にネットモールが、クリスマス商戦第一弾としてしかける販売合戦です。

 

はっきりいって、元々のバレンタインと同じくらい日本とは全く無関係のイベントですが

競争が激しいネットモールはそこに目を付けて、もうこじつけに近い名目なんですが

大キャンペーンをこぞってやりました。

 

その結果何が起こったか???

配送がパンクしました!ヤマトは、いたしかたなく荷受けのセーブをかけました。

佐川は何も目立った対応はせず、おそらく仕分けと配送の現場は大変なことになっていたと思います…

 

そりゃそうです!配送する荷物が一気にど~んと増えたからと言って

配送するドライバーや車も合わせてど~んと増える訳ではないのだから。

 

考えれば子どもでも分かることです。

 

その子どもでも分かることを売り手側が考えず、目先の自分達の利益と売上だけを獲得するために、むちゃくちゃなことをしたのが昨年末の「ブラックフライデー」であり、近年の通販市場です。

 

どうにかしないといけません。

どうにか良い方法をみんなで考えないといけません!!

 

何がベストな方法か?それはすぐには答えが見つからないと思います。

でも、今出来るベストな選択を続けて、少しずつでも改善していくことで

「どこかで誰かが、誰かの満足のために我慢や無理をしないでいい。」

そんな仕組みが作られていくと思うのです。

 

それを作って行くのは企業側だけでなく、社会全体で取り組まなければならない問題です。

 

そして、このような限界点を迎えてしまったサービスや仕組みは、配送業界だけでなくおそらくどの業界にも、どの行政サービスにも、学校など教育にも、今後深刻な事として表面化していくと言われています。

どこも限界ぎりぎりなんですね。

 

だから、私たちPeaPodも「荷物を出荷して、ハイ終わり!」ではなく

人ごとではなく、一緒に考えていきたいと思いますし、その方法が今のベストであり、多少これまでのサービスと比べて不便が生じたとしても、丁寧に説明しご理解を得ていくことで、共により良い社会と仕組み作りに微力ながらも努力をしていきたいと考えます。

 

どうか皆さまのご理解をお願い申し上げます。

 

 

◆その他のクロネコヤマトの働き方やサービス改善への取り組み

 

信書と国際スピード郵便(EMS)について、制度の見直しを具体的に提起

 

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/ad/opinion/

 

いい競争で、いいサービスを。意見広告

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/ad/20151112/index.html

 

 

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】
ヨネクラ&クギザキ
ぜん息があり、肌が弱い娘をもつkugizakiと、川崎病を経験した長男とアトピッ子の二男を含む3人の子どものママyonekuraが、産前・産後の女性特有の心とからだの変化や子どもとの毎日の生活を通した体験から生まれたマタニティからのオリジナルシルク肌着・授乳ウエアのショップです。身体と心に正直に「自分を大切にする生き方」を日々子どもと接するお母さんにこそ知って欲しいと願いを込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR