FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~コラム・ものづくりの現場から~ウエアの温かさの違いは「素材+生地の編み方」

~コラム・ものづくりの現場から~
ウエアの温かさの違いは「素材+生地の編み方」



ルームウエアバナー
「こんな商品が作りたいから、こんな生地を作って欲しい!」
そんなクリエイターたちの声に一つ一つ応えるべく、
一から一緒にものづくりをしてくれるメーカーさんが、日本にはまだたくさん在るんです。
このルームウェアに使われている生地もそう。

この生地は、日本でも有数のメリヤス産地・和歌山で長く使われている、
「吊り編み機」という機械で生産されています。
何と、一番新しいものでも40年ほど前のもので、古いものでは「大正」と刻印されているものもあるのだとか。
つまり、現在主流となっている高速機ではなく、いわば一世代前の編み機ですね。
でも、だからこそ出来ることがあるのだそうです。

ウォーマー付きスウェット



Pea Podでルームウェア企画が持ち上がった時、最初にイメージしたのは
「捨てられない着古したTシャツの、あの柔らかさ」でした。

そんな生地を探していて出会ったこの布は、
  生地目はしっかりしているけれど、厚ぼったくない。
  まるで空気を一緒に編み込んだかのように柔らかい。

だから、肌に優しく沿いながらも密着し過ぎず
肌と布の間には心地よい空気の層が出来ます。

そうなのです、表側はコットン・肌に触れる裏側はシルク
という二重構造の生地はたくさんありますが
この布では、それぞれの糸が主張し合ったり、突っ張ったりすることなく、
お互いを活かし合って、ふんわり・のびのび・生き生きしているように感じるのです。

その秘密が、この釣り編み機と、それを操る熟練した職人技にあるのですね。
工場長曰く「人が作った機械やからこそ、人が手を加えたり工夫を重ねて
様々なものが編めるんですわ。」とのこと。
(今は機械が機械を作る時代なのですよ、と付け加えつつ。)

編み機


しかしそれは、「こういうものを作るには…」
という逆算からのものづくりだからこそ生まれるのだと思います。
そして、その発想を支える環境が、この和歌山の地では長年培われてきました。
必要な材料も、編み機の設定も、それらを調整していく絶妙な手加減も。

糸の紡績から編み立て、加工、縫製…実に多くの生産に携わる人々の
長きに渡って培われた経験と勘、そしてたくさんの試行錯誤や工夫・創造性がそこにあります。

そんな日本が誇るものづくりの魂をこの一つのウェアに込めて、皆さんにお届けしたいと思っています。

シルクリブウォーマー付トップス&スウェットパンツ
ルームウエア上下セット

http://shop.peapod.jp/?pid=136727639

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】
ヨネクラ&クギザキ
ぜん息があり、肌が弱い娘をもつkugizakiと、川崎病を経験した長男とアトピッ子の二男を含む3人の子どものママyonekuraが、産前・産後の女性特有の心とからだの変化や子どもとの毎日の生活を通した体験から生まれたマタニティからのオリジナルシルク肌着・授乳ウエアのショップです。身体と心に正直に「自分を大切にする生き方」を日々子どもと接するお母さんにこそ知って欲しいと願いを込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。