fc2ブログ

命名!「絹麻マスク」

進行中の夏向けマスクの商品名が決定しました!
命名「絹麻マスク」


えっ、それって「シルクリネンマスク」を和訳しただけじゃ!?と思われた方、
そうなんです、そうなんですが・・・。
ちょっとワケがあるのです。

絹麻マスク2種(1)

ひとことで「麻」と言っても、実は色々な種類があることをご存知でしたか?
リネン(亜麻)、ラミー(苧麻)、ヘンプ(大麻)、ジュート(黄麻)、
マニラ麻(アバカ)、サイザル麻(ヘネケン)などなど。
実際、植物としては全く違う種から由来しているものも多く、生育している地域も様々です。
その中で、現在日本で「麻」と表記できるのはリネンとラミーに限られています。

その名の通りPea Podのシルクリネンマスクは前者のリネンを使っていますが、
後者のラミー「苧麻」を使おうというのが、今回のマスク!!
(↑↑「ちょま」と読みます。何だか可愛い~~)

どちらも吸水性と発散性に優れているのは共通ながら、
リネンは、使うほどに柔らかく肌に馴染むしなかやかさが特徴、
ラミーはコシとシャリ感のある強い繊維で、白く絹のような光沢が特徴です。

つまり、素材表示では同じ「麻100%」ではあるものの、
リネンじゃないのに「シルクリネンマスク」もなぁ・・、
じゃあ「シルクラミーマスク」って言っても「??」だよなぁ・・

・・ということで「絹麻マスク」です!

そういえば、そもそもこの布マスク飽食時代に、
果敢にもまた新しいマスク作っちゃおうなんて気になったのは、
このラミー生地の何とも涼やかな「和」テイストにひとめぼれしてしまったからなのです。

まだまだマスクとは切っても切れない暮らしが続きそうな中、
少しでも涼しく、見た目もすてきで、だけど肌に優しいマスクが欲しいと思うのは
私だけではないことでしょう。
とにかくこの生地を見た瞬間、「これをマスクにしたい!」という衝動に駆られまして。

ヨーロッパの寒冷な高地で栽培されるリネンに対し、
アジアなどの温暖な気候・湿潤な土地に群生するラミー。
高温多湿な日本の夏に向いているのも納得ですね。

●触れた瞬間から清涼感が続く、さらりとした手触り
●ハリとコシがあるのでしわが寄りにくく、口元に適度な空間が出来る
●息がしやすい!(でもシルク2枚との3層構造で、変わらない安心感あり)

そして何と言っても、涼やかな日本の心象風景を彷彿とさせる色合い!

実は、一つの布が大きなグラデーションストライプで構成されているこの生地、
裁つ場所でまったく異なる印象とカラーのマスクが出来るんです!!

次回はこのカラーと柄の秘密についてお話しますね~♪

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】店長YONE
「しめつけない・冷やさない・肌にやさしい」シルクのインナーウェアと、リネン生活雑貨のブランドPeaPodの店長・YONEです。自然なお産、青空保育、子どもの病気やアレルギーなどの体験をきっかけに、天然素材の力を活かした商品の企画・販売をしています。肌と心がいつも自由でいられる、そんな着心地のインナーや雑貨をお届けしたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR