普段からの防災と親子シンプルライフ

「普段からの防災と親子シンプルライフ」

PeaPodで月に一度開催しているオープンディ
「PeaPodーCafe」で、先月トークテーマになりましたのが
震災後初開催ということもありまして、「親子で普段からできる防災」でした。

色々な家族構成・子どもの年齢に応じた体力
災害時の居場所や時間帯、また住まいの状況など
一口に防災といいましても、本当にそれぞれの家で
それぞれの形の防災があるんだなあと、皆さんでシェアできました。

その中から、いくつか箇条書きですがピックアップしてみました。

・いつものバッグの中身を防災=一日親子でどこでも過ごせる仕様へ
 
  中身は、一日持つくらいの飲み水&即エネルギーとなる行動食、
  寒さ対策に使えるアイテム、最低限の医療品と、
  助けを呼ぶホイッスルや子どもの安心のためのライトなどの装備

・いつでも、体を守ってくれ、かつ動きやすい衣生活
  
  冷えに強く、汗対策にもなるなど
  また、冷えそうな時に防寒できるような物を持ち歩くなど
  (例:スカーフ・晒し・アームウォーマー・羽織ものなど)

・防災用品の置き場。住環境別の対策

  1階と4階では逃げ道も、後で家に戻れる可能性も違ってくることから
   どこに、何を置いておくかは家庭ごとに違う。

・子どもの年齢や障害、家族構成により、代わる母親の負担。

  お年寄りやペット、普段お父さんがいるかいないか?など)
  例えば、クギザキは中学の娘一人なので、いざという時は
  ご近所の救助へ向かったりできるが
  子どもが多い家では日頃から、優先を決め人へも頼んでおくなど。
  ケガをした場合も、小学校くらいになれば頑張って少しは歩けるが
  小さい子ほど、パニックになったりしてケガの程度は軽くても、
  おんぶの必要性が高まる。
  など(先日本当にクギザキが街で遭遇した自転車で足をケガした女の子とお母さんの話も交えて)
  本当に色々な状況別に想定して考えたりしました。


まだまだ話しきれなかったこと
考えていきたいことはたくさんありますが
色々な家庭のケースを知ることは

非常時に、我が家が無事であった場合地域や、仲間同士の助け合いの場面でも
相手の家庭の状況を知っておくこと」

が大変、助けになるのではと思いました。

やっぱり、友人の家の位置や家族の普段の居場所
また、ご近所さんを良く知ること&知ってもらうことは、大切なんだなあと。

これからは、核家族の孤独さとか、孤独な一人暮らしなんて
なくなったらいいのになあと、理想を描いてしまいました。

テーマ : *ナチュラル スタイル*
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】
ヨネクラ&クギザキ
ぜん息があり、肌が弱い娘をもつkugizakiと、川崎病を経験した長男とアトピッ子の二男を含む3人の子どものママyonekuraが、産前・産後の女性特有の心とからだの変化や子どもとの毎日の生活を通した体験から生まれたマタニティからのオリジナルシルク肌着・授乳ウエアのショップです。身体と心に正直に「自分を大切にする生き方」を日々子どもと接するお母さんにこそ知って欲しいと願いを込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR