スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布ナプをオススメする大きな理由/子どもと身体や性の話が日常的にできる

PeaPodが布ナプをオススメする大きな理由は?
「子どもと身体や性の話が日常的にできる
   環境作りになること!」


最近、「娘に布ナプキンを薦めたいと思うのですが…」と言うご相談を良く伺います。

「肌が弱くてかぶれる」「生理痛が辛い」など布ナプにたどり着いた
理由は色々なのですが…
やはり、一番に困るのが「娘にどう伝えたらいいか?」で
皆さん、相談をされます。

良さそう!良いと聞いたから~、
調べてみたら娘には布ナプキンが良いと思った
など…娘の体や将来を心配していらっしゃいます。

でも、やっぱりこの「どう伝える?」が難しいですよね。

もし、布ナプキンをお母さん自身が使っていて
それが当たり前の日常でしたら、きっと自然に良さを伝え
布ナプの伝承が出来ていくと思うんですね。

それは、お母さんが「布ナプを知った。(興味を持った)」とか
出会ったタイミングがたまたま違っただけで
たまたま、娘が生まれる前から愛用者だったのか
娘の成長をきっかけに知ったのか?ただそれだけの違いです。
だから、布ナプ自分自身がを使っていたかどうか?は
問題ではありません。

でも!それでも、こうした相談を良く受けるようになって
どうしても感じてしまうのは…
「やっぱり、先ずはお母さんがやってみないと!」と言うことであり
いくら信頼するお母さんのススメであっても
子ども(娘)からしたら、ただ「良さそうだよ!」と話を
伝えられるよりも、日常の中でお母さん自身が愛用しているのを見て
「やっぱり、布ナプはいいのかな?」
「お母さんは良いと感じているから使っているんだよね…」
と、背中を見て、ではないのですが
お母さん自身の実感が伝わっていく!のが
一番、説得力があって、信頼できる
のではないかなと思います。

ちょっとナナメに大人をみていた私の子どもの頃だったら
絶対「じゃあ、お母さんがまずやればいいじゃん!」と
思っただろうなあ。と。

でも、その「まずお母さんがやれば…」をお母さんが
少し躊躇してしまう気持ちもわかります。

娘さんが月経の悩みを持つ年頃と言う事は
お母さんは、かなりの時間を月経と過ごしてきた
ベテランであり、おそらく残りの月経の方が少ない。
少ない月経のために、今から布ナプへシフトなんて
考えもしなかったかもしれません。

まして、とっても我慢強く頑張ってきた方も
いるかと思いますが、これまで特に布ナプキンに
出会うタイミングがなかったのは、そんなに大きなトラブルや
思い症状などが無くて、必要性を感じないのに
「今更…」と言う気持ちもあるかもしれません。
布ナプ&バケツイメージ


私は、と言えばたまたま月経症候群が重く寝込むような時もあり
娘が小学校3年生くらいになった時に
「このままでは、娘にとって月経は恐怖になるかも?!
そこまでいかなくても、とてもじゃないけれど肯定的に
私自身が伝える自信が全くない…
それに、自分の体のケアを怠っていた私(母)が
これから思春期になっていく娘に『自分の大切にしなさいよ!』
と話しても、なんの説得力もないんじゃないか?!」
と気付いてしまったんですね。

本当に、たまたまそのタイミングだったから
娘より少し早く布ナプを使い始めることができて
娘自信が性とか生理に興味を持つようになった頃には
ちゃんと冷静に話せるようになっていて
その流れで自然に娘は布ナプでデビューを迎え
普段から、自分の体のサインを自分でみること
不調を感じたらこまめにケアしていくこと、分からない時は
母親に相談したり、質問すること、と言うのが
日常になっていたんでね。

本当に、どれもたまたまのタイミング。

長くなりましたが、じゃあ「今更…」と一瞬感じてしまったお母さんも
裏を返して「たまたま無かった…」ではなくて
「たまたま、今出会いのタイミングが来た!」と
思いなおしてみてはいかがでしょう?

残りが少なくたって、恩恵が無い訳ではありません!
まだまだ人生は長い、更年期の体にもつなっがっていきます。
更年期を元気に過ごすことで、健康な老後にも
つながっていくかもしれません。
だって、体は日々の積み重ねで出来ていくのですから~!

それだけでなく、娘さんとこれから身体の話や
性の話をしやすくなったり、自信を持って
伝えられるようになると思います。

ここの部分をきちんと話せる家族は
とっても深い根っこのところで信頼で
繋がっていくようになると考えています。

性を肯定することは、自分の生(存在)を肯定すること!
家族で、親子でそれを肯定し合える安心な関係は
きっと一生ものだと思います。

そうして育った女の子達、もちろん男の子も皆
自分の根っこに肯定感を持って生きていけるから
何があっても、自分らしく前向きに人生を切り開いて
いく人になると思いませんか?

布ナプはほんのきっかけかもしれませんが
私達は、その後の生き方とか一生の体との付き合い方を学ぶ
とっても大きなツールになると思っています。

ぜひ、お母さんから楽しんで始めてみませんか?

ご相談・使い方のレクチャーなどは
いつでもPeaPodでしています。
お気軽にお問い合わせ&ご来店くださいませ♪

PeaPodの月経ケアという発想の布ナプキンhttp://shop.peapod.jp/?mode=cate&cbid=588351&csid=0
布ナプキンと月経ケアのススメ

アースデイ2014会場で人気NO1は布ナプキンでした!!

アースデイ終わりました。

いつもお店を長くは空けられないので、
テント設営のお手伝いなどは、半日くらいしか参加できないのですが
今日も撤去作業もあり、ボランティアの皆さん、
スタッフの皆さんありがとうございました!

そして、広い会場の中、peapodブースまで来てくださった皆様
ありがとうございました。

アースディ2014
開店前の様子 この後好天に恵まれ、みるみる会場は人でいっぱいに!



今年はここ数年なかった良い天候に恵まれて
関係者も、遊びに来た方も安心して楽しめたのではないでしょうか。

お祭りはこうでなくっちゃ!!

●今年会場で一番人気の製品は『無漂白ネル布ナプキン』でした!

布ナプ&ホルダーセット

健康や将来の体の事を考えて、布ナプキンへの関心は
年々高まるばかりです。

布ナプキンは、今では色々な種類や素材がありますね♪

PeaPodの布ナプキンを会場で見にきた方は
すでに布ナプユーザーの方も多く
色々な物を試した上で、

「このナプキン肌触りがすごくいいですね!」
「シンプルで使いやすそうですね。」
「始めは可愛さで選んでしまったけれど
 こういうシンプルな物が今はいいと思いました!」


など、実際にトライしてみて、何が自分に合うのか?分かってきたところで
補充用や洗い替え用に買っていかれました。

(そうそう私達もそうだったんですよ~。始めの内は
何が合うのか?何が使いやすいのか?何が気に入るのか?
わからずに…でも、やっぱり肌に直接当てるものだから
肌触りが一番かなあ、と!)


もちろん「布ナプ初めて!」の方もたくさん。

そんな方には、その場で詳しく使い方&洗い方をレクチャー
させていただきました!

みなさん、目をキラキラさせて聞いていたのが
とても印象的でした。
自分のカラダのことにちゃんと目を向けようと
している女性は、決まって目も表情もキラキラしています!

「布ナプやってみます!」とデビューを決断された方が
何名もいらっしゃって、本当に良かったなーと思います。

今度のアースディでは、布ナプトライのその後も
お話できたらいいなあ、なんて。



来年もぜひ、色々なことを一緒に感じたり、考えたり、知ったり
そんな有意義なお祭りになりますように。

皆さま本当にありがとうございました。

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

月経・子宮のこと、知らなかったは悪くない!!布ナプトライで意識が変わる

女性としてとか、自分の体の事なのに…
「『そんなの知らなかった!』は全然悪くない!」

最近、新しくHPやブログをご覧くださる方がとても増えていて
20代の若い女性や、お孫さんのいる人生の先輩方など
とても幅広く知っていただけるようになって、嬉しく思っています。

例えば「布ナプ」1つとっても、
これまでは、興味があった、使ってます!などある程度知っている方が多かったのですが、
最近はHPで初めて知る、など初心者の方も増えています。
思い切って購入してトライできた方は、もちろんスゴイ!

でも…すぐには布ナプにトライできない人もきっといると思いますし
「え~そんなのある事すら知らなかった!」
「トイレで出すの?そんな事聞いたことないよ!」とか
「そんな大切な事なら、お母さんから教えて欲しかった…」などなど
人によって、受け取る印象や感じ方は色々だと思います。
スタッフの私だって、最初は「え~そんなの無理!!」と思っていました。
月経症候群も重かったので、とてもじゃないけれど想像できなかったのもあります。

でも、今では本当に布ナプにしてみて、あんなに嫌だった生理のイメージが変わって、
ちゃんと自分の体の事として受け止めて労われる。
そんな大変化をもたらせてくれた布ナプに感謝してます。

だから、今このタイミングで「えっ!」と思っても、今まで全然知らなかったとしても、全然問題ないんです!
むしろ、知らなかったのは、「世の中に知りえる機会が少なかったから。」だと思います。

それは、娘が学校で受けた「月経のお話会」でも分かりました。
びっくりだったのですが、私が子どもの頃に聞いたお話とまるで変わらなかったからです!
内容としては「使い捨てナプキンを当てましょう。痛みがあったら薬を飲むか病院へ行きましょう。生理はだいたい7日間、生理痛などがあるのが一般的です。」と言う内容でした。
そして、極めつけは講習会のおみやげに、メーカーの使い捨てナプキンが全員に配られる事!

これでは、初めて月経を迎える女の子達は、生理はそんなものか、と思いこんでしまっても仕方がないですね…

そう、本当に女の子達に教えていきたいことは
「どう自分を大切にして、労わっていくか?」だと思うのに、そこにはちっとも触れず…自分の体の事なのに、なんだか仕方ない…とあきらめモードで、何かあったら他人任せの情報しか与えられない。

だから、知らないのではなく、まだまだ一般的には知りにくい状況なんですね。

そこは、私達がもっともっと伝えていかなければならないところなのですが…

それは、月経のお手当の問題だけでなく、お産なども本当にそう。
私も、自然出産のこととかまるで知りませんでしたし…
(知っていたら…と後悔した時もありましたが、今ではこれから産む人に伝えていこうと思っています。)

だから、今まで知らなかったとしても、これまでちゃんと自分の体を労わってこられなかったとしても、いいんです。
これから、少しずつでも知っていって、出来る事から1つ1つ自分にしてあげればいいんですから♪

PeaPodのHPでご縁があったのをきっかけに、今から未来の自分のためにと、何かを始められたなら、とっても嬉しく思います。

http://shop.peapod.jp/?mode=f19

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

デビューは布ナプ。お母さんから娘へ手渡す時代へ


デビューは布ナプ。お母さんから娘へ手渡す時代へ~

布ナプキンはもはや、ちゃんと身体に意識を向けている大人女子には
定番になってきましたが、
ここ2~3年お母さんから、娘さんへの継承が広がってきています。

もちろん、スタッフの家でもバッチリ!
セットを準備しておいて布ナプでデビューをお祝いしました。(3年前の名月の日)

布ナプを手渡す事は、単にお手当を教えるだけでなく
お母さんが見守ってくれていると言う安心感と愛情
そして、大切大切な女の子としての自分の労わり方や
正しい性への意識などの継承にもつながっていきます。

誰だって「自分のお母さんが先生」が一番嬉しいですもんね!!



初めての準備に、おめでとうのギフトに
肌に優しい、フカフカのナプキンと可愛いホルダーをどうぞ♪

「シンプル&柔らか布ナプキン&防水ホルダーセット」
http://shop.peapod.jp/?pid=38835434


布ナプ&ホルダーセット

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

布ナプキン選びと洗い方

おはようございます。
今朝は、「現役医師の方の月経症候群にオススメ布ナプ」の記事を
読ませてもらうことからスタートでした!
(記事は、F・Bで個人的にご縁をいただいている方の記事のため
リンクは貼れないのですが…)

布ナプの恩恵や良さはもちろんのこと
「布ナプ」と言うキーワードだけに飛びついて、
見た目布ナプだけれでも、漂白剤使用など、結局本末転倒になってしまう
(別の害や心配な点がる製品)もあるので、素材を選ぶ事をオススメしていたり
お洗濯も、せっかくデリケートな部分に使うために優しい布製を選んでも、
合成洗剤などやっぱり肌や体に良くない物を使ってしまうのはもったいない事になるので
基本的に「水(ぬるま湯)お洗濯」を薦められていました。

この2点は、私達PeaPodも本当に同感で
本来の自分の目的がなんだったか?を大事に
選び、していることのトータルでの満足度にこだわることって
大事だと思うんですよね。

水(ぬるま湯)洗濯だけ!と言う点においては
確かに、すぐにお洗濯できれば、洗剤なしで簡単に落ちます。

PeaPodでは布ナプ手帳やお配りしているガイドに
漬け置きの際の(すぐに洗えるとは限らないので)重曹やセスキ炭酸ソーダ系の物をご紹介しています。
自然素材なので、肌にも環境にも優しく
自分だけ心地よいではなく、発生していく全てに優しい事も
結局は自分の心に優しいことにつながるのではないでしょうか?


記事にも書かれていましたが、たまに「経血が漏れてしまいました!」
とか落ちにくいなどのご相談を受ける事がありますが
経血の質により、落ちやすい、落ちにくい
漏れやすい(布が吸収しにくいドロッとした感じで横漏れしてしまう)は確かにあります。

これは、スタッフの経験上でも確かなことで
布ナプをしている方なら分かるかと思うのですが
経血は毎月同じではなく、体調により質が変わります。

オリモノも同じですが、やっぱり摂った食事や冷え具合
体の調子からドロッとしたり、サラサラだったり
体のバロメーターのように、変化します。
その状態によって、バケツに付けただけで経血だけが
下の方に沈み落ちてしまうこともありますし
どうも再度漬け置きしないと落とせない時もあります。

その対策として、先ずは体がなるべく自然の生理に戻るように
自然なものを使い、体と心に負担をかけない素材選びや暮らし方にすること。
次に、それでも体からは経血やオリモノなどでちゃんとサインが出ているので
それに添ってケアしてあげること。

この2つが大事かなあと思っています。

★無漂白コットンネル布ナプキン
布ナプ手帳のご紹介はこちらから
布ナプ&バケツイメージ

http://shop.peapod.jp/?mode=cate&cbid=588351&csid=0

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】
ヨネクラ&クギザキ
ぜん息があり、肌が弱い娘をもつkugizakiと、川崎病を経験した長男とアトピッ子の二男を含む3人の子どものママyonekuraが、産前・産後の女性特有の心とからだの変化や子どもとの毎日の生活を通した体験から生まれたマタニティからのオリジナルシルク肌着・授乳ウエアのショップです。身体と心に正直に「自分を大切にする生き方」を日々子どもと接するお母さんにこそ知って欲しいと願いを込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。