今だけ5%OFF!リネン敷パッド・麻綿使用(天然素材で睡眠を快適&節電にも)

今だけ5%OFF!リネン敷パッド・麻綿使用(天然素材で睡眠を快適&節電にも)


http://shop.peapod.jp/?pid=46429568

長くなりますが、この快適さをお伝えするスタッフのレビューを紹介しますね。

...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


リネン敷パッド・・・
「もっと早く買えばよかった!!」が、初めて使った日の感想でした。
ずっと欲しいと思いながらも、GOサインが出せずに何年も過ぎていて。
リネン寝具の良さは充分に解っていて、シーツは使っていたのですが、
敷パッドとなるとお値段もそれなりだし、
わりと嵩張って、収納も場所をとるんじゃないかとか何とか・・

でも、あるとき販売用の商品を間違って発注しちゃって、一枚あぶれたのを買い取ってみたんです。

天然リネン敷パッド


そしたら・・・!!
吸水と放湿の速さ、そしてさらりと心地よい冷感が夏にピッタリなリネン素材、
そのリネンを棉(わた)に使っているパッドですもん、快適でない訳がない!!

とにかく汗がこもってじっとりする感じが無いんです。


麻わたが身体と布団との間に適度な空気層を作ってくれるから、
そこからどんどん放湿していってくれるんでしょうね~
ウレタンのマットレスに直接敷いても平気。


身体がくっついていない箇所は常にひんやりしているから、
まさに、寝返りするのが楽しみ!?になる寝具です。

そして懸念していた嵩高さや、それに伴う洗濯ですが、
これがびっくりするくらい扱いやすい!


そんなに厚みは無くてコンパクトなのに、放湿性の高さが実現されているだけでなく、
この麻わたが適度なハリをパッド全体に持たせてくれるので、
まず、布団やマットレスなどの上に敷く時に、一度でパッと拡げられる~♪
(普通、シーツを拡げる時って、こっちからもあっちからも引っ張らないとダメですよね)
そしてハリ感が続くので、四隅のゴムは布団に引っかけないでもずれない程です。


また、当たり前ですが、
シーツだと、布団やマットレスを包み込むだけの生地の余白?が必要ですが、
パッド型だと、布団やマットレスと同じサイズに仕上がっている。
つまり、保管はもちろん、干す時に案外場所を取らずコンパクトに干せる、という訳です。

ベランダも広くなく、家族も多い我が家では、
お天気の良い日にシーツを一斉に洗濯したい!と思い立っても、
一気には干す場所が確保できないのですが、
パッド型ならベランダの柵に何枚も並ぶし、
ピンチハンガーに蛇腹に吊るしても、ダブルサイズでも床に付かないんですね~、これが。



というか、そもそもこの麻わた、家庭で洗えるウォッシャブルというのは、
メーカーさんの研究開発による画期的なものだそうです。

とにかく、我が家でパッドシーツ争奪戦になったため、追加購入。


とはいえ、布団やベッドなど寝具の形やサイズも様々ですから、合うものも違いますね。
ベッドで寝ている寝相の悪い息子などは、パッドの端を足で引っかけていつもめくれるので、
やはり、すっぽり覆う形のシーツが良かったりもします。
また、もともとマットレスの上に置く薄手のウールパッドを使っている場合、
さらにパッドを重ねるよりも、やっぱりシーツの方が収まりがいいですね。


そんなこんなで、
今はそれぞれの使い勝手に合わせて、シーツと使い分けていますが、
いや、でもやっぱり、まずはリネン素材っていうのは外せないっしょ!と
実感する今日この頃です♪

はだおもい通信「無染色シルク新発売!サタデーオープン復活♪」

はだおもい通信「無染色シルク新発売!サタデーオープン復活♪」

いつもはだおもい通信を読んでいただきありがとうございます。

いよいよ梅雨入りしました。
来るぞ来るぞ!と思いながら、ようやくお風呂場のカビ掃除とカーペットや大物のお洗濯を先週末すませることが出来ました。
雨湿度の高い状態が続いても、こうしてじめじめ対策は早めにしておくと、だいぶキレイな状態が長持ちすることをようやく経験から学んでいます。

みなさまのお家の梅雨対策はいかがですか?
家ではこれが効果あったよ!などのアイディアがあったらぜひ教えてください♪

今回は、シルクでは珍しくPeaPodでも初となる「無染色シルク」のシリーズ「manma」をご紹介します!おそらく、シルクを長年愛用している方でも、これまで触れたことのない肌触りの特別な生地となっております。お楽しみに♪

◇―◇今回のメニュー♪◇―◇―◇―◇―◇

◇ 無染色manamシリーズ デビュー! ◇ 
もっと優しいシルクへ…染めない、そのまんまのシルクインナーシリーズが出来ました!

◆お知らせ:ヤマト便配送時間帯変更と、働き方改革の取り組み◆
「どこかで誰かが、誰かの満足のために我慢や無理をしないでいい。」
そんな仕組みを未来へ

★梅雨の時期の過ごし方あれこれ
「梅雨に汗をかくこと」

◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇

◇ 無染色manamシリーズ デビュー! ◇ 
もっと優しいシルクへ…染めない
 そのまんまのシルクインナーシリーズが出来ました!
――――――――――――――――――――――――

それは、生地屋さんが持ってきたシルク地との出会いから始まりました。
「こんな生地あるよ。」と手を触れたとたん

「うわあ!これ本当にシルクですか??とっても柔らかくてふわふわしてますね!」
と数々のシルク地に触れてきたスタッフも驚きました、正直。

なんというのでしょう??シルクのなめらかさと優しさと、オーガニックコットンのふんわりした柔らかさと両方を兼ね備えたような…初めての触感でした。

これはもう、一目ぼれ!でした。
「この生地でインナーを作ったら、それはそれは心地いいだろうなあ…」想像しただけでうっとりです。

以前より、カップ付きキャミタイプの薄色(白色など)のリクエストを度々いただいていたのですが
どうしても、絹の白生地は色を吸収しやすい絹の特性のため、白が長持ちしない懸念があったのと、絹に限らずですが、白色などの薄い色の生地は染めている生地よりも弱い性質があり、インナーは毎日洗濯するものですから、耐久性の面でも少し心配がありました。

そんなこれまで持っていた白生地への概念を全部解消してくれたのがこの「無染色シルク」です。


・商品ページでも詳しくご案内していますが、糸そのものの色合いのため、真っ白ではないから白の度合いがちょっとでも薄汚れるのがあまり気にならない、自然な薄いクリーム色。

・染色のために施す、数度に渡る洗浄や工程を経てないため、生地そのもののダメージが少なく、適度な厚みがあり、しっかり感もある。

・無染色であるため、染料が気になる方にも安心して着ていただける。

などなど…

おそらく、この生地の肌触りはあまり経験された方はいないかと思います。
シャツやブラウスなど薄着のシーズンにも、インナーとして活用しやすいので、ぜひこの夏PeaPOdの新しいシルクインナーをお試しくださいませ。

追加情報になりますが、噂を聞きつけて実は予約も多く、第一回納品分の残数が減ってきております。
次の入荷まで間に合うか??少し焦っておりますが…
サイズにより、すでに数量が少ない物もありますので、どうぞお早めにご利用くださいませ。

★詳しいご案内はこちらから

「シルク素肌インナーmanma(無染色)カップ付き」http://shop.peapod.jp/?pid=119011252

「シルク素肌ショーツmanma(無染色)」http://shop.peapod.jp/?pid=119011773

◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇

◆お知らせ:ヤマト便配送時間帯変更と、働き方改革の取り組み◆
「どこかで誰かが、誰かの満足のために我慢や無理をしないでいい。」
そんな仕組みを未来へ

◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇
6月19日より、クロネコヤマト便の配送時間帯が変更になります。
 
変更内容はこれまでの、12-14時の時間帯指定枠の廃止
20時から21時の時間帯指定枠の廃止です。

クロネコヤマトでは、自社のホームページで、宅急便のサービス内容の変更についてこう説明しています。
 
「ヤマト運輸は労働力確保に向けて職場環境を改善するべく、社員の新しい働き方を創造するために、2月1日に「働き方改革室」を本社内に新設し、全社をあげて働き方改革を推進している。ヤマト運輸がサービス内容の変更を決断した背景には、この「働き方改革」が関係しており、社員の法定休憩時間の適切な取得や、勤務終了から翌日の始業までの間に一定時間のインターバルを設ける制度の確立など、社員が働きやすい環境を構築していくためである。」

※詳しくはヤマトHPへ
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_170317.html

ネットショッピングの需要が拡大していくなか、大手モールの販売合戦(キャンペーン)もあまりにも忙しく過剰になっています。もちろん、配送する荷物も増える一方で、配送業者の人員も、サービスも追いつかないのが現状です。
それでも、可能な限り対応しようとしてきたクロネコヤマト便ですが、何より大切な従業員の過剰労働や、ストレス、きつい仕事というイメージから深刻な人員不足を招いています。
その問題に真摯に向き合うためのヤマトの姿勢に私たちは共感します。

その宅配サービス全体の問題(日本の消費社会化の問題)については、スタッフブログでもっと詳しく提案も含めて書いていますので、ぜひこのメルマガを読んでくださっている方には、お時間ある時にでも一度読んでいただければと思います。

★「クロネコヤマト便の配送時間変更と働き方改革の取り組みに」ついて
PeaPodの提案と指示表明
http://minhagu.blog31.fc2.com/blog-entry-720.html

◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇

★梅雨の時期の過ごし方あれこれ
「梅雨に汗をかくこと」
◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇

雨や曇りが続くと、どうしても気が滅入ったり、体にも気温差の影響もあって
色々不調が出やすいですね。
低気圧が心身に及ぼす影響については以前のメルマガにも書きましたが(スタッフブログに過去のメルマガがありますので、どうぞご覧くださいませ。)気圧が下がると、全身がゆるみ、普段は隠れている悪い物が表面に出やすくなります。

風邪を引いたり、蕁麻疹などの皮膚症状、頭痛やめまい、中耳炎などの耳の症状など、Pea-Houseに来るお母さん達からも良く聞きます。

心と体は一体ですから、体がなんとなく調子悪いのに同調し、心もうつうつしたり、晴れなかったり…

人間生きていればいつも絶好調!という訳にはいきませんから、こんな時もどう捉えるか??が大事なのですが、「今の内にデトックスしとけば、夏は元気に過ごせそう!!」と思うか
「きっとこれまでの疲れが、ゆるんで出せたのね。えらい!私の体。」と褒めてあげるとか…

体は出したいものは出したいんです!
でも、症状そのものは辛い、まして子どものこととなると心配ですね。
そこで「どう上手く乗り切るか?」ですよね?

答えは簡単、やっぱり代謝を上げて、汗をかいて、汗とか排泄物と一緒に出す、とことん出すのを押し出してあげる。それに尽きます。

具体的には…
半身浴で、全身のめぐりを良くする。
梅雨冷えの日もあるので、足湯をして末端からのめぐりを促す。(滞らせない)
疲れやだるさも感じやすい時期なので、消耗させる糖分は控える。(基本、寒い季節では無いので、そんなに糖分はいらない季節です。)
梅もの(梅ジュースや梅干し)酢の物などを食べて、パワーを付ける。

ぜんぶ、すぐ出来て、即効性のあることばかりです。
ぜひ、今日から1つずつでもやってみてくださいね。

疲れた体のまま夏を迎えると、夏が辛く、しんどい夏を過ごすと、秋にまた体調を崩しやすく…と
一年間悪循環にはまってしまいます。
逆に、この時期を上手に乗り切れたら、夏本番の元気度が本当に違いますから。

体を一年間の時間軸をベースに捉えられるといいと思いますよ。


◎夏の冷え取り&代謝アップにオススメグッズ!!◎

★冷え取り重ね履き靴下 絹&ウール4枚セット(カラーが選べる)
冷え取りの仕方については、お気軽にスタッフにご相談ください。
→http://shop.peapod.jp/?pid=80138676

★気付いたら、しんどくなる前に湿熱ケア「温石ぬか袋&カバーセット」
レンジでチンして、すぐケアできる。
頭痛、腹痛、こり、冷え、風邪など、スタッフも不調があればすぐ取りあえず
このぬか袋を使っています。
薬に頼り過ぎないように、症状が悪化する前に、とにかく温めましょう。
→http://shop.peapod.jp/?pid=36894910

★シルク&リネンマスクのページ http://shop.peapod.jp/?pid=70718250
夏はのどが痛くなる風邪も多い。
喉の乾燥予防とにも。マスク内の湿熱で熱の時も楽に感じます。(スタッフ経験談)

◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇

【展示オープンハウスPea-Houseの予定】
◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇

☆7月1日13時~18時まで 久しぶりに、サタデーオープンをします!

平日お仕事で中々世田谷のオープンハウスに来られない方のご要望に応え、週末半日だけになりますが
Pea-Houseをオープンします!

気になっていたインナーを試着してから購入したい方。
冷え取りや布ナプキンの相談など、何でも気軽にしてくださいね。

平日は毎日営業しています。Pea-Houseへのご来店も日に日に増えています。
製品がところせましと並ぶ狭い展示ルームですが、どうぞお気軽にお越しください。
展示ルームPea-Houseはこちら http://shop.peapod.jp/?tid=4&mode=f14
◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇

最後に…
最後まで長い文章を読んでいただきありがとうございました。
我が家の娘は春に高校を卒業して、取りあえずバイト生活。
一体何をしたいんだろう??と見ていたら「やっぱり美容師になるわ!学校来年から行くからお金貯める!!」と急に決断。美容好きが高じて、これしかない!!と思ったのでしょうが、なんともマイペースだこと。

それから、毎月5万円ずつ貯金し、趣味で大好きな美容系もせっせと頑張っています。

そんな見た目は今時ギャル風の娘も、小さい頃からの我が家の生活スタイルがちょっとは浸透しているようで、美容(きれいになる)ためにメイクや美容院だけでなく、お菓子を食べない、添加物は避けるなどの内側からの努力も割としっかりしつつ、先月からはなんと自分で整体院を探してきて、骨盤のゆがみを調整しているそう。しかも、オステオパシ―で!

なんだろな、このジャンクっぽいものと超自然系のミックスは???
そんな彼女も今は何でも取り入れて、トライしているけれど
きっと、その内そぎ落として行って、自分オンリーのスタイルを作っていくんだろうなあと
色々言いたいのを言わずに、好きにやらせている次第です…

さて、どうなるのやら???????

PeaPodfacebookページ  https://www.facebook.com/PeaPod.inc/
=========================

クロネコヤマト便の配送時間変更と働き方改革の取り組み

クロネコヤマト便の配送時間変更と働き方改革の取り組み

作り手→配送業者→消費者まで、すべてが心地よい仕組みとなる

試みにPeaPodは指示を表明します!

 

6月19日より、クロネコヤマト便の配送時間帯が変更になります。

 

変更内容は

これまでの、12-14時の時間帯指定枠の廃止

20時から21時の時間帯指定枠の廃止

19時から21時」の時間帯指定枠を新設

 

変更後の時間帯指定枠は以下のようになります。

 

・午前中(12時まで)
 14時から16
 16時から18
 18時から20
 19時から21

 

それまではこうでした

 

・午前中(12時まで)
 12時から14
 14時から16
 16時から18
 18時から20
 20時から21

 

少しすっきりしたのがお分かりでしょうか?

 

自分の職場環境に置き換えて考えればシンプルに理解できますが

 

やっぱり、休みの時間帯が無く、全ての時間帯を配送できる時間にしてしまうのは

あまりにも過酷です。

他にも、再配達指定最終時間帯も、今までよりも余裕を持った少し早い時間までに変更になります。

クロネコヤマトでは、自社のホームページで、宅急便のサービス内容の変更についてこう説明しています。

 

「ヤマト運輸は労働力確保に向けて職場環境を改善するべく、社員の新しい働き方を創造するために、21日に「働き方改革室」を本社内に新設し、全社をあげて働き方改革を推進している。ヤマト運輸がサービス内容の変更を決断した背景には、この「働き方改革」が関係しており、社員の法定休憩時間の適切な取得や、勤務終了から翌日の始業までの間に一定時間のインターバルを設ける制度の確立など、社員が働きやすい環境を構築していくためである。」

※詳しくはヤマトHPへ

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_170317.html

 

 

 

通販サービスがどんどん膨大になり、益々配送する荷物が増える中

配送業者は、時間帯や休日配達も含めたサービスの拡大をすることで、なんとか対応してきました。

 

ところが、その消費者にとってのサービスの充実が、配送してくれるドライバーにとっては長時間労働や過剰労働などの負担となっています。

その過酷な労働の悪影響は、「きついお仕事」だという認識から、新しい従業員の確保へも悪影響を及ぼし、配送業界全体として、深刻な人手不足も招いています。

 

昨年末は、大手通販業者の稼ぎ時シーズンのさらなる消費者の後押しキャンペーンで

「ブラックフライデー」というのがありましたね。

これは、アメリカの感謝祭に関係して向こうの百貨店・量販店、最近では主にネットモールが、クリスマス商戦第一弾としてしかける販売合戦です。

 

はっきりいって、元々のバレンタインと同じくらい日本とは全く無関係のイベントですが

競争が激しいネットモールはそこに目を付けて、もうこじつけに近い名目なんですが

大キャンペーンをこぞってやりました。

 

その結果何が起こったか???

配送がパンクしました!ヤマトは、いたしかたなく荷受けのセーブをかけました。

佐川は何も目立った対応はせず、おそらく仕分けと配送の現場は大変なことになっていたと思います…

 

そりゃそうです!配送する荷物が一気にど~んと増えたからと言って

配送するドライバーや車も合わせてど~んと増える訳ではないのだから。

 

考えれば子どもでも分かることです。

 

その子どもでも分かることを売り手側が考えず、目先の自分達の利益と売上だけを獲得するために、むちゃくちゃなことをしたのが昨年末の「ブラックフライデー」であり、近年の通販市場です。

 

どうにかしないといけません。

どうにか良い方法をみんなで考えないといけません!!

 

何がベストな方法か?それはすぐには答えが見つからないと思います。

でも、今出来るベストな選択を続けて、少しずつでも改善していくことで

「どこかで誰かが、誰かの満足のために我慢や無理をしないでいい。」

そんな仕組みが作られていくと思うのです。

 

それを作って行くのは企業側だけでなく、社会全体で取り組まなければならない問題です。

 

そして、このような限界点を迎えてしまったサービスや仕組みは、配送業界だけでなくおそらくどの業界にも、どの行政サービスにも、学校など教育にも、今後深刻な事として表面化していくと言われています。

どこも限界ぎりぎりなんですね。

 

だから、私たちPeaPodも「荷物を出荷して、ハイ終わり!」ではなく

人ごとではなく、一緒に考えていきたいと思いますし、その方法が今のベストであり、多少これまでのサービスと比べて不便が生じたとしても、丁寧に説明しご理解を得ていくことで、共により良い社会と仕組み作りに微力ながらも努力をしていきたいと考えます。

 

どうか皆さまのご理解をお願い申し上げます。

 

 

◆その他のクロネコヤマトの働き方やサービス改善への取り組み

 

信書と国際スピード郵便(EMS)について、制度の見直しを具体的に提起

 

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/ad/opinion/

 

いい競争で、いいサービスを。意見広告

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/ad/20151112/index.html

 

 

心にも元気をシルクインナーをギフトに

心にも元気を
シルクインナーを母の日のギフトに
お選びいただいた方からご感想を
いただきました。


「このたびは母の日のプレゼント品発送で
お世話になりありがとうございました。

シルクインナーセットを贈りました。

病になった自分の身体をこんな体になって…
と嘆く母を励ましたくて。

最初はシルクなんて高級でもったいない
と言っていた母ですが、身につけてみると
ことのほか気に入ってくれました。

おしゃれだし着心地がいい、と言って
ぴったりだった!と喜んでいます。
本当にありがとうございます。

シルクインナーセットに出会っていて
また購入できることに感謝です。」

(Y・T様)


そうそう、体が元気じゃない時は、どうしても気持ちが
病気や症状のことでいっぱいになって
一番色々気にかけてあげなければいけない
自分の心の状態や、生活面の楽しみや喜びを
忘れがちになってしまうんですよね。


気付くと、何もかもが寂しい、病気のための暮らしになっていったりする…

そんな時、自分では思い至らない、家族からの
「心地いい」「安心」「好き」などを感じられる
プレゼントや差し入れは、本人の気持ちを違う方向に
向けてあげるという意味でも効果的だと思います。


私クギザキは、介護で大変な毎日を過ごしている母には
「ふと香りで力を抜けたり、重い気分を忘れたりできる
時間が一日の中で少しでも持てたら??」
ルームフレグランスを今年送りました。
本当に、辛い時にすぐそばには中々いられないし
出来る事も限られるのですけどね。

シルクカップ付インナー・チャコール

心も体も心地よく~PeaPodのシルクはタイプ別で色々

・適度にフィットして、締め付けないキャミタイプ
http://shop.peapod.jp/?pid=31061517
・とにかくゆったりしたものを~フレンチスリーブ
http://shop.peapod.jp/?pid=94305180
・夏はとにかく涼しさを。1枚で着られてきれいなノースリーブ
http://shop.peapod.jp/?pid=102670062

PeaPodはじまりのストーリ-「マタニティ期~産後・授乳中まで着られる多機能シルクインナー」

PeaPodはじまりのストーリー

安全なたべものネットワーク・オルターカタログ表紙掲載
「PeaPodの紹介記事」文:(株)オルター代表 より抜粋

...


PeaPodを立ちあげた米倉さんと釘嵜さんの出会いは、都内代々木公園で活動している「原宿おひさまの会」でした。
「原宿おひさまの会」は、ワクチンの問題性を世に問われている小児科医、毛利子来医師と患者であった保護者が始めた「自主野外保育活動の会(親達が交代で保育をし、野外で毎日体を動かして過ごす)」

オルターサイト


 四季を通じて親子共に野外で過ごす中、子ども達のアトピー・喘息や、母親達の不調などと向き合う中で、冷えから体を守ることも含め、下着を始めとする衣類の装備が大切だと学びました。特に妊産婦さんは冷やしてはいけないということも。

自主保育活動で出会った母親達は、真冬でも一日外で過ごし、忙しい育児と家事で自分を省みる時間も中々なく体を冷やしがちで、かといって女性の体に良い、動きやすく血行を妨げない(締め付けない)インナーウエアが当時の日本に無かったのです。

マタニティシルクインナー・モデル着用
 特に、快適かつ実用的で肌に優しい女性向けインナーウエアがとても少ない現状に「無いのなら、自分達で作ろう!」と、マタニティ期~産後・授乳中まで着られる多機能シルクインナー作りを始めました。


アパレル出身だった米倉さんが企画・開発を担当し、釘嵜さんが製品を広めるための広報・販売を担当。
2002年頃からそれが口コミや贈り物利用としても広まり、ロングセラー製品となりました。そして2008年には株式会社PeaPodを創業。


PeaPodスタッフは社員、工房スタッフ、デザイナーまで、みんな子育て中の母親です。
女性の女性による女性のための会社です。
生きるための基本「自分の健康は自分で守らなきゃ。」
他人任せではない「暮らしの中でできる“衣”でのセルフケアを」
がキーワードです。
これは育児を通して学んだ「自分の健康を作れなければ子どもの健康も守れないとの教訓」でもあります。


そんな想いから作られるシルクインナーウエアをはじめ、柔らかく使い勝手の良い無漂白ネルナプキン(無漂白ならではの柔らかさと、起毛加工で温かく吸収も良い)、同じ無漂白ネルの母乳パッド、より敏感な顔のお肌にも優しいシルク&リネンのマスク、リネン100%ならではの速乾性で、抗菌性が高く和食器に合うサイズに仕上げたキッチンクロスなど、女性の視点で開発を続けています。
オルターとの出会いは、2016年日比谷公園で行われた「土と平和の祭典」でした…



嬉しい事にはじめましてのお客様がとても増えてきましたので
あらためて、ご挨拶代わりに掲載してみました。
製品開発のきっかけとなったストーリーを知っていただき
より愛着を持っていただけたら幸いです。
http://shop.peapod.jp/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】
ヨネクラ&クギザキ
ぜん息があり、肌が弱い娘をもつkugizakiと、川崎病を経験した長男とアトピッ子の二男を含む3人の子どものママyonekuraが、産前・産後の女性特有の心とからだの変化や子どもとの毎日の生活を通した体験から生まれたマタニティからのオリジナルシルク肌着・授乳ウエアのショップです。身体と心に正直に「自分を大切にする生き方」を日々子どもと接するお母さんにこそ知って欲しいと願いを込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR