はだおもい通信「シルクコットンはらまきレギンス新色登場!アースディ東京出店情報」

はだおもい通信「シルクコットンはらまきレギンス新色登場!アースディ東京出店情報」

いつもはだおもい通信をご購読ありがとうございます。
今回は、別色もあったらいいな!というご要望にお応えして、はらまきレギンスの新色のご案内と
毎年楽しみにしてくださっている方も多い、アースディ東京出店情報をお伝えします。

春、桜の開花、卒業、新生活、分かれと出会いなどなど、何かと慌ただしい時期。
天候の変化も激しいシーズンですが、新色のレギンスが皆さまの春の体調管理や冷え対策にお役に立てましたら嬉しいです!

◇―◇今回のメニュー♪◇―◇―◇―◇―◇

◇ シルクコットンはらまきレギンス新色登場! ◇ 
春~初夏にも取り入れたい、爽やかな新色「ミックスネイビー」

★4/22(土)23(日)アースディ東京出店情報★
今年も世界最大の環境&エコイベント「アースディ東京@代々木公園」に出店します。

◆廃番(生産終了)のお知らせ◆
シルクボディインナーLLサイズ生産終了のお知らせ

◇ワクチンと食のお話会開催、ご報告◇
1つ知ると、もっと知りたくなる!もっと理解が深まる、そんなお話会でした。

◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇

◇ シルクコットンはらまきレギンス新色登場! ◇ 
春~初夏にも取り入れたい、爽やかな新色「ミックスネイビー」

――――――――――――――――――――――――

まだまだ、毎日スタッフも手放せません!

ゴムを使わずホールガーメント編みで仕上げたはらまきレギンスの
「シルクコットンタイプ」は、ウールよりも厚く無く、表側がコットンなので、毛玉ケアの心配もないため扱いやすく、これからの季節もとても重宝すると思います。

先に発売している「ミックスグレー」もベーシックな色なので、様々なスタイルに合わせやすいですが
春~初夏のファッションにも合わせやすい、ミックスネイビーを発売しました。

お好みですが、こちらの色合いの方がお好きな方もきっといらっしゃると思います。
色合いの濃すぎないネイビーは、グレーよりも涼しげに見えるかもしれませんね♪

(もちろん、肌面シルクなので、日中気温が上がっても蒸れたり、暑くなることはなく、気温差がある季節も一日中快適に着用出来ます。)

商品ページには、春先から初夏までの洋服と合わせたスタイルもご紹介してみましたので、ぜひ一度ご覧くださいませ。(ページ後半、5枚の写真をご紹介)

皆さまのコーディネートアイディアや、ご感想、ご要望もお待ちしています!

☆シルクコットンはらまきレギンス新色登場「ミックスネイビー」
http://shop.peapod.jp/?pid=109342308

個人的には、初夏スタイル、ワンピースで涼しげにしながらも、はらまきレギンスでしっかり下半身温かくしている4枚目の写真がお気に入りです♪
冷え取り的にも、トンネル効果で上へ気が抜けていくような、ゆったりワンピーススタイルは理にかなっていて心地よく好きなスタイルです。

◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇

★4/22(土)23(日)アースディ東京出店情報
                              &休業日のお知らせ★

今年も世界最大の環境&エコイベント「アースディ東京@代々木公園」に出店します。

◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇

年々規模が広がるイベント・アースディですが、今年もお母さんと赤ちゃんに優しいエリア
「ベビーアースディ」への出店となります。
「もっと子どもにも母にも優しいグッズは無いかな?」
「きっと、今よりナチュラルな育児のアイディアがあるはず?!」
「なるべく自然な物を選んでいきたいな。」

などなど、お子さんとお母さん、家族の暮らしをもっと快適に、自分にフィットするようにしていきたいなあと、感じている方はぜひベビーアースディに家族で遊びに来てみてください。

自然育児をみなで学びながら実践している「自然育児友の会」主催のベビーアースディは
世界最大の環境イベントアースディ東京の1エリアです。

子どもの成長や気持ち、お母さんの想いに添った自然な育児の情報。
そんな自然育児を応援する抱っこヒモや授乳製品、優しおもちゃや靴などなど、生産者の話を直接聞ける機会でもありますよ♪

「このやり方で良かったんだ!」
「へ~そんなグッズもあったのね!!」
「おむつなし育児って??」
「こんな想いを同じにする仲間がいたんだ。」

などなど、イベントでの新たな出会いや発見を楽しんでくださいね。
もちろん、PeaPodは10数年前から出店し、毎年、たくさんのお母さん、ちびっことの出会いを楽しみにしています。

https://shizen-ikuji.org/event/babyearthday.html

そして、アースディ翌日の24日(月)は、イベント後の片付けとスタッフの半日休養のため、休業させていただきます。ご理解お願いいたします。

◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇

◆廃番(生産終了)のお知らせ◆
シルクボディインナーLLサイズ生産終了のお知らせ

◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇

普段からは予想もできない体型の変化や、体調により「Lサイズでも少し苦しい…」という妊婦さんの要望に応えLLサイズを作ってきましたが、年間を通したご利用枚数が本当に希少であること、またそのご利用数に応じた細かい生産が、縫製工場では対応が難しいことなどもあり、残念ではありますが一旦、生産終了とさせていただくこととなりました。

現在、カラーによっては在庫がたくさん残っているものもありますので、現在残っている在庫が売り切れ次第廃番とさせていただきます。
どうぞご理解をお願いたします。

◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇

◇ワクチンと食のお話会開催、ご報告◇

◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇

3月30日(木)午前と午後の2部構成で、第9回目となるお話会を開催しました。
当日駆け込みでご参加の方もいらっしゃるなど、タイムリーで今聴きたい!というお母さんも多い人気のお話会です。

講座やお話会は、参加された方と講師一緒に雰囲気が作られていくものですので、毎回盛り上がり度や質問の多さなどは変わって行きます。

今回は、小さなお子さんがいたり、妊娠中だったりと、本当にタイムリーな方が多かったためか、聴けば聴くほど、興味深くなるような感じで皆さんとても熱心に参加されていました。

受け身で情報を聴くだけではなく、1つ考え方や視点として講師の方が話されたことをしっかりキャッチして、自分の中の指針として取り入れよう!というお気持ちが表れているような感じでした。

このお話会の目的は、手法や情報に惑わされず、とらわれ過ぎず、何が自分に合うか?自分主体でどう選べるようになるか?を伝えていくことです。

何故かと言うと、1つの情報や手法としての講座や勉強会をしてしまうと、受講後はテンションも上がりやるぞ~!と言う気持ちになるのですが、時間が経過するほど逆にその手法に囚われてしまい、そもそもの目的が「何のためだったけ??」という事も良くあるからです。

(これはスタッフも過去に経験があり、セミナージプシーなんて言葉も聞くほど、後々反省しましたっけ…でも、どこかで違うぞ??と気付けばそれでいいんだと思います。)

正確な情報を知ること、情報の見方を覚えることは大切ですが、人の体や心、環境は常に変化するものですから、その都度どうベストを選んでいけるか?と言う、自分の軸を作っていくことに力を注ぐ方が、多くの情報を取り込むことよりも大切だと思うのです。

それってつまり、実践、実践です!

その実践を続けるには、こだわり過ぎず、とらわれ過ぎない心が無いと、結果のついてくる実践にはならないですよね。ダメだったら変える、前はダメだったけど今はこれかも??という柔軟なアイディアや切り替えが生きていくためには必要だと思うのです。

昨日の自分の考えやこれまでの積み重ねなんか、スパッと捨てられちゃう!そんな勇気と素早い決断が出来るのって、自分の中に表面的な手法では無い、「何を一番大事にするか?」という軸があってこそ!だと思うのですよね。

そんな自分軸を作っていくことを目的としたこのお話会は、私たちの中でもとて大切にしていきたいと考えている、今後もずっと続けていきますので、まだご参加されていない方は次の機会にどうぞいらしてくださいね。

◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇
最後に…
最後まで長い文章を読んでいただきありがとうございました。

春は体が緩む事と、天候の変化が激しいので、思ってもいなかった不調などが出やすい時期です。
体だけでなく、心の方も環境や人間関係の変化に対応して疲れが出たり、調整しようとしてどこかに無理が出たりと、普段とは違う自分に自分で驚くこともありますね。

これって、大人も子供も一緒です。

お子さんの普段とは違う言動があっても、「この時期は、いつもの○○ちゃんとは違うんだな、頑張っているのかな?」とあまり真剣に受け止め過ぎず、様子を見たり、楽しい気分になることを一緒にして気分転換をするのも効果的です。

あまり、真面目すぎるのは、時にはかえって物事をややこしくしたり、余計疲れたりします。

もちろん、大人も自分に対して同じように付き合う事で、やり過ごすこともできます。

「今の自分は、ちょっといつもと違うな。疲れているから、いい考えが出来ないんだな…よしよし。」と、子どもにするように、自分にもしてあげると少し楽になります♪

テキト―にすることは悪いことでも、ずるいことでもありません!

自分をいじめたり追い詰めるよりは、ずっと良い解決になるとても良い方法です。

そして、世の中みんなもっとテキトーになったら、世界がもっともっと楽しくなるのになあ
と、つい思ってしまうクギザキでした。

PeaPodfacebookページ  https://www.facebook.com/PeaPod.inc/
=========================

大絶賛のはらまきレギンス・シルクコットンタイプに新色「ミックスネイビー」が登場

ほんとうに全く締め付けがないんです!!


 大絶賛のはらまきレギンス・シルクコットンタイプに

新色「ミックスネイビー」が登場しました!


コットンレギンス:左(ミックスグレー)右(新色ミックスネイビー)

コットンレギンス:左(ミックスグレー)右(ミックスネイビー)
http://shop.peapod.jp/?pid=109342308

ベーシックなミックスグレーに加え...
こちらのネイビーは、春っぽいお洋服にもぜひ合わせていただけたらなあと思っています

WEBショップには、様々なシーズンの着用例もご紹介してみましたので、ぜひご覧くださいませ。

小さいお子さんと家族に優しいお祭りベビーアースディ@代々木公園4/22(土)23(日)今年も出店します!

小さいお子さんと家族に優しいお祭り
ベビーアースディ@代々木公園4/22(土)23(日)今年も出店します!


「もっと子どもにも母にも優しいグッズは無いかな?」

「きっと、今よりナチュラルな育児のアイディアがあるはず?!」

「なるべく自然な物を選んでいきたいな。」


などなど、お子さんとお母さん、家族の暮らしをもっと快適に、自分にフィットするようにしていきたいなあと、感じている方はぜひベビーアースディに家族で遊びに来てみてください。


自然育児をみなで学びながら実践している
「自然育児友の会」主催のベビーアースディは
世界最大の環境イベントアースディ東京の1エリアです。


2016ベビーアースディ

(昨年のベビーアースディの様子・自然育児友の会HPより)


子どもの成長や気持ち、お母さんの想いに添った
自然な育児の情報。


そんな自然育児を応援する抱っこヒモや授乳製品、優しおもちゃや靴などなど、生産者の話を直接聞ける機会でもありますよ♪


「このやり方で良かったんだ!」
「へ~そんなグッズもあったのね!!」
「おむつなし育児って??」
「こんな想いを同じにする仲間がいたんだ。」


などなど、イベントでの新たな出会いや発見を楽しんでくださいね。

もちろん、PeaPodは10数年前から出店し
毎年、たくさんのお母さん、ちびっことの出会いを楽しみにしています。

https://shizen-ikuji.org/event/babyearthday.html

はだおもい通信「ワクチン&食のお話会・タオル30%OFF!・オーガニックフェスタ」

はだおもい通信「ワクチン&食のお話会・タオル30%OFF!・オーガニックフェスタ」

 

いつもはだおもい通信をお読みいただきありがとうございます。

少しずつ日差しが暖かくなってきました。

今回は、春のお話会のご案内とセール情報。

先日3月5日に参加させていただいた「オーガニックフェスタ(大地を守る会イベント)」から得たものづくりのお話などを書いてまいります。

 

今回のメニュー


「オーガニックフェスタ(大地を守る会イベント)」に参加して

日本の農業やものづくりについてのリポート

☆リネン100%&ダブルガーゼタオル30%OFF!!

★第9回ワクチンと食のお話会 3月30日Pea-House

 

「オーガニックフェスタ(大地を守る会イベント)」に参加して

――――――――――――――――――――――――

3月5日有機農業を中心に活動して40年大地を守る会の年に一度のお祭り

「オーガニックフェスタ@有楽町」に出店者として初めて参加してきました!

食について、日本の農業やものづくりについてのリポートをお届けします。

 

◆大地を守る会のはじまり

「農薬の危険性を100万回叫ぶよりも、1本の無農薬のダイコンつくり、選び、食べることから始めよう」1970年代から日本の農業に農薬が大量に使用されるようになり、微生物や小動物などが次々と死んでしまっている状況を実践的な方法で何とか変えようと、有機農業で作られた大根を青空市場で販売したことが始まりです。

 

問題提起や声を上げるだけでなく、実際に行動に変え、人々の行動も意識も変えていくことが素晴らしいですね。

 

◆食が変わり、日本人の健康も変わっていく。

以来40年間超、有機農業を広め、日本の農業を守る運動を進めてきて、生産者、消費者との信頼を積み重ね、交流を続けてきたパイオニア的な存在です。

2007年には、代表の藤田さんが、その運動が認められてNewsweek日本版、世界を変える社会企業家100人にも選ばれています。

 

今では、有機農産物(オーガニック)を扱う団体が増え、個人のお店やスーパーでもだいぶ見かけるようになりました。

が、まだまだ日本は欧米に比べるとその割合は少なく、時代が農薬などの薬品利用へどんどん向かっている時(1970年代)に、先駆者として農業と食の未来を憂えて活動を始めた功績は本当に大きいと思います。

 

その1970年代以降に、元々豊かだった日本の食が不自然な物へと変わって行き、比例するようにアレルギーや生活習慣病、重大な病気(心臓・血管の疾患やがん)が増え、豊かで大量消費出来る食事情になったにも関わらず、病気が増えてしまったことは偶然ではないと思わずにいられません。

やっぱり、食べたもので人の体はできているのですから。

 

◆PeaPodが目指すのも社会企業のカタチ

PeaPodが日々目指しているのも、ただのものづくりの会社でもブランドでもありません。

あまり偉そうなことは言えませんが、子育てや女性のあらゆるステージでの不安や悩み、健康不安などに寄り添い、他人任せではないセルフケアで元気に自信を持って暮らして欲しいというもの。

女性が元気だと、家庭が変わり、世界全体も明るく健康的になります。(これホント!!)

 

交流会で出会った岩手県のりんご農園兼治療院のおじさんの話に「健康であるためには、バランスの取れた食事と、マイナスでない衣服」という言葉がありました。

そうそう!!それ!マイナスでない衣服という言葉。

それこそ、PeaPodが作るインナーウエアのカタチです。

(何がマイナスでないか?はショップをどうぞご覧くださいね。)

 

◆生きていくために、不要なものをいかに取り入れないか??

今の時代、普通に手に入るもの、普通の暮らしの中には、表面的には普通に見えても、ほとんどが余計なもの、害になり得るもの、不要なもの、過剰摂取のものが入っています。

 

それは、添加物や農薬だったり、化学薬品、衣服で言えば、見栄えを良くするためだけの過剰な加工や、体の機能を邪魔してしまうゴムや皮膚呼吸をふさぐ化学繊維などなど。

 

先日東久留米市のさかもと助産所を訪問した時の話をブログ記し、その時も子育て(親業)に関して同じようなことを書きましたが「現代では何をどう取り入れるか?」よりも、「何を不要として取らず、何を選ぶか?」が、みんなが幸せに生きていくために重要な気がしてなりません。

(さかもと助産所のご紹介記事はこちら→ http://minhagu.blog31.fc2.com/blog-entry-708.html

生きるために食べ、生きるために衣服を見に付け、幸せになってもらうための子育てをするのですから、どれも考え方は同じなのですね。

 

そして、そのテーマからずれてしまったら、ただモノを作って売るだけの会社になってしまいます。

それって、消費者のためでは無く、企業の都合ということ!

それは、大地を守る会の生産者さん達も同じす。

イベント後の交流会でたくさんお話を聞かせていただきましたが、木次乳業(牛乳・乳製品など島根の会社)の代表の方は、「牛乳は夫婦二人組で搾乳をするの。夫婦が仲良く協力してやらないと、牛乳の味が苦くなったりするのよ。だから酪農家さん家族が仲良く安心して過ごせるように支援が大切なの。一緒に働いていると夫婦仲も自然と仲良くなって、みながハッピーにもなるの。」と。

 

作り手(生産者)が幸せじゃないと、やっぱり良いものづくりは出来ないのです!

だから、誰かがどこかで犠牲になり我慢する、そんな仕組みはダメなのです。

安さを求め生産者が泣くのもダメだし、安かろう悪かろうで大量の広告や価格合戦だけで物を売りつけるような企業もダメなのです。

だって、結局はどちらもちっとも得しないのですから!!

 

交流会では北海道のお米、群馬県の梅農家、京都の昔ながらの自然な飴屋さんなどのお話を伺いましたが、みなさん一様に誠実な仕事をされていて、穏やかなお顔をされていました。

だから、食物の生産者では無く、普段接する機会の無い私達にも、気さくに話しかけてくださって、まるで同じ村の一員のように話してくれます。

私達も初めての参加でしたが、なんとも居心地良く安心感があって、心から交流会を楽しむことができました。

 

こうして生産者さんのお話を実際に聞き、その人柄に触れると、さらに食べものに感謝していただくことができます。作ってくれる人がいるから食すことが出来、食べる人がいるから作れる。

本来の健全な形が目に見えることの素晴らしさ。

(実際にお話ししたお米農家さんは、いつも私が頼んでいるお米農家さんでしたので、これからはいただく度におじさんの顔が浮かびそうです!もちろん、木次乳業の牛乳も、りんごも!)

 

『そんな本来なら当たり前の感覚を再認識し、大地を守る会の目指す社会と私達が目指す社会は同じであること。』

『人が人らしく安心して幸せに暮らしていける世界のために、会社という存在ができること。』

そんな事をあらためて考え、よし頑張ろう!と思えたイベントでした。

 

長いリポート読んでくださいましてありがとうございました。

 

 

☆リネン100%&ダブルガーゼタオル30%OFF!!

 

長い間、リネンファンの皆さまだけでなく、贈り物用にもご愛用いただいてきた

「リネンダブルガーゼタオルシリーズ」ですが、今後企画改良をしていくため

一斉在庫処分価格とさせていただきました。

これからのタオルが活躍する季節ですが、乾きが驚くほど速く、軽量コンパクトなリネンダブルガーゼは、持ち歩きにも旅行にも重宝します。

★リネン100%&ダブルガーゼタオル30%OFF!!

http://shop.peapod.jp/?pid=54601412



★第9回ワクチンと食のお話会 3月30日Pea-House


恒例&参加した方の満足度が非常に高い人気講座です。

久しぶりの開催になりますが、暖かくなってくる春先のお話会です。

ぜひ気持ちも足取りも軽くお越しいただけたらと思います。

 

怖いけど、どう選べばいいのか?どう家族や園・学校に説明すればいいのか?

今ワクチン接種の選択は非常に難しくなっていますが、そのワクチンの仕組みから効果まで

きちんと知って、自分で選ぶためのきっかけにしていただけたらと思います。

 

そして、「「わたし軸で選べるようになる!一歩進んだ、食のお話会」では

冒頭の大地を守る会でのお話にも通じますが、上手に選びたい食べもののお話。

あふれる食情報の中で、何を基準に自分にあるスタイルを選んでいくか?

そのヒントが詰まったお話会です。

 

午前の「ワクチン」午後の「食」両方受講の場合、割引もあります。

場所はPeaPodのオープンハウス@世田谷です。

ぜひ、この機会にオープンハウスを見に気がてら、いらしてみてください。

 

< 詳しいご案内 >

 

「ワクチンのお話会」 日時:H29年3月30日(木) 10001300

                       参加費: お一人様 2,500円 

                    (午後の食のお話会ご参加の方は500円引き)

    

「食のお話会」     日時:(同日)H29年3月30日(木)14:00~16:00

                    参加費:2000円

 共通 ◆

 

・場所:PeaーHouse 京王線「下高井戸駅」徒歩3分

→ショップページのご案内 http://shop.peapod.jp/?tid=4&mode=f14

 

・講師: 「たまゆら堂・自己治癒力研究処」三浦ひろのさん

    とてもお話がわかりやすく、講座後の質問タイムも丁寧に答えてくれます。 

・参加費: お一人様 ワクチンのお話会2,500円  食のお話会2,000円

(2つとも参加方は500円引き)*事前予約の上、当日現金にてお支払いください。

 

・対象&人数: ~約10名 まで ※今回は、会場の都合上お子さんはお連れいただけません。

◆日時: H29年3月30日(木)
14:00~16:00
◆場所: PeaーHouse
    京王線「下高井戸駅」徒歩3分
◆参加費: お一人2.000円 
※午前のワクチンのお話会(別会場、本会場から
徒歩15分)も参加される方は500円引き。
※事前予約の上、当日現金にてお支払いください。

◆対象&人数: ~約10名 まで 
※会場の都合上、お子さんはお連れいただけません。


【お申し込み方法】

お申込み&お問合せはPeaPod(ピーポッド)まで
TEL
03-6379-1301  Mailinfo@peapod.jp
(Tel 平日9:30~17:00まで)


●必ず、①お名前 ②ご連絡先お電話番号 
※お友達や家族の分も一緒にお申し込みの場合も
人数分の情報をお知らせくださいませ。
●お飲み物などは各自お持ちください。

【お申し込み方法】

お申込み&お問合せはPeaPod(ピーポッド)まで

            

TEL03-6379-1301  Mailinfo@peapod.jp

 

●必ず、①お名前 ②ご連絡先お電話番号 

お友達や家族の分も一緒にお申し込みの場合も、人数分の情報をお知らせ

くださいませ。

 


最後に
オーガニックフェスタは会員とお友達だけのイベントでしたが、今年も4月のアースディ東京に出店しますよ~!

二日間屋外になりますので、結構準備から搬入&搬出まで、50代目前のスタッフには重労働になってきておりますが(初めての参加は14年前!あの頃はまだ若かった…)

毎年「まだやれるかな~??」と思いつつ、楽しみに毎年来てくださるお客様の顔を思い浮かべ

「よし、今年もお祭りやるぞ!!」と自分を励ましています。

ぜひ、まだお会いしていない方も、遊びに来て一声かけていやだけたらと思います!

★アースディ東京 4月22日(土)23日(日)代々木公園イベント会場

 

最後まで長い文章を読んでいただきありがとうございました。

PeaPodfacebookページ  https://www.facebook.com/PeaPod.inc/

=========================

東久留米の素敵な助産所ご紹介♪「マイナス(引き算)思考」がこれから必要??

東久留米の素敵な助産所ご紹介♪「マイナス(引き算)思考」がこれから必要??


数年前に知人の紹介でご縁をいただいた東久留米のさかもと助産所に

久しぶりに伺わせていただきました。


 以前より、妊産婦さん用シルクインナー「シルクボディインナー」のサンプルを

置かせていただいており、助産所へ来られる妊婦さんが手にとって見られるように

していただいています。


バス停を降りると、きれいに整備された川岸の遊歩道があり、周囲には学校も多く、明るくて穏やかな環境の住宅地で、助産所の窓からは遊歩道の緑と川の向かうの学校が見え...
「春は桜が見えて、子ども達の学校からの声も聞こえてくるのよ。」と

さかもとさんが説明してくれました。

PeaPodのオフィスもすぐ近くに小学校があり、休み時間や登下校の時間の子ども達の声は、働いている私達に元気や癒しを届けてくれるので、
「子ども達の声が聞こえてくるのは、この場所が平和である証拠ですね。」と答えました。


スタッフの子ども達もおかげさまで皆大きく成長し、身近で妊産婦さんとご縁をいただく機会が少なくなってしまっていて、命が生まれる場に行きたかったのと、最近の妊産婦さんのお話を助産師さんの立場から聞かせていただきたかったので、今回の訪問はとても楽しみにしていました。


フェイスブックで交流させていただいており、助産所の様子やさかもとさん自身のざっくばらんなお話に共感することも多く、個人的にぜひお会いしたかったのもあります。


あともう一つ!
フェイスブックのPeaPodページはらまきレギンスの紹介をしていて

さかもとさんが「これオススメ!」とフェイスブックや助産所でも紹介してくださっていたので

ぜひ実物をさかもとさん自身に見ていただこう!と思ったのも、今回伺わせていただく目的でした。


早速お茶をいただきながら「はらまきレギンス」をお見せし

「これ本当に素晴らしい!こういう製品が無いか?とずっと考えていたの!」と

充分に丈があり、妊産婦さんの冷え対策にバッチリなこと、ゴムが無く締め付けが全然無いことをとても気に入ってくださいました。

 助産所には、1つ妊婦さんサイズをサンプルとして置かせていただいたので、ぜひお近くの方は、実物を見に行ってみてくださいね。


さかもとさんは、とても気さくで美しい(あえてきれいではなく美しいと言わせていただきますね。)助産師さんで、お産や育児に対してもとてもおおらかな考えで、妊産婦さんに接していらっしゃること。


 逆に、最近のお母さん達が一生懸命すぎるあまり、苦しそうに見えることなどを感じていらっしゃって、それは私達が日頃Pea-Houseで多くのお母さん達のお話から感じていることと通じる部分があり、そんなお母さん達が助産所やPea-Houseで少しでも楽になったり、心が軽くなるような場でありたいと願う所が共通でした。


何より、さかもとさんと私クギザキの「子育ては関わり過ぎず子どもの成長に任せること」と

言うスタンスが同じであること。
時代背景や環境もあり、自分で探さなくても、どうしても子どもに掛ける手立てばかりが

どんどん入り込んで来てしまうので、つい「そうした方がいいのかしら??」と思わされてしまうのが今の子育て事情について話しました。


でも、子どもの個性はそれぞれ、それぞれのお母さんに合う育児の仕方も本当に千差万別なんですよね。


それなのに、情報の多さと、昔と比べて育児経験(子守や子どもとの関わり)の少ない現代の大人達には、まるで急かされ、ちゃんと見極める時間も与えられないまま、次々と「こうすべき。」「これをしなきゃ!」と、行動に移すことを要求されてしまう…


それって、子どものため、と言うより、サービスを提供したい企業側にとっての都合であることの方がほとんどなのでは無いでしょうか?


もちろん我が家にもあふれんばかりの情報が来ます。
春で高校を卒業する娘に、就活スーツだの、成人式の着物、浪人前提の塾の案内だの(余計なお節介だっちゅうの!笑)…これでもか!!と。
ちなみに家の子は、就職も受験(進学)もせず、バイトして家にお金を入れながら自分の方向性を探す一年にする!と決めているので、本人的にも興味を持つのは成人式の着物くらいでしょうか??


そんな彼女は、もちろん学校の勉強面でも出席状況でも優等生ではありませんが、忙しい母のサポートととして家事をこなし、アルバイト先では異例のスピードで仕事を覚え、最年少店長代理を任せられている、母から見たら働き者で気が効く「人としてとても優等生」に育ったと考えています。(すみません、親バカを言いました。)


そんな時代だからこそ、お仕着せの育児情報や勝手に送られてくるサービスや、これまでの育児のルールには当てはまらない選択がとても重要で、それこそが子ども達の健やかな成長と家族の幸せにつながるような気がしてなりません。


それを名づけるとしたら「マイナス(引き算)する思考」でしょうか。


今、人が人として、自分らしさを失わずに幸せに生きる秘訣は、これまでのどんどん取り入れてプラスしていくやり方とは真逆の
「不要な物をちゃんと見極めて、どんどん引いていく。(マイナスしていく。)」
その積み重ねで出来あがっていく、『究極の自分シンプルスタイル』
こそが、これからの時代に必要な最大の要素かもしれませんね!


我が家の場合、シングル家庭なので、必然的に経済的引き算になっていますが…
あと、母親があんまりマメではないので、細かいところに気がつかないまま、子どもがどんどんやってみて失敗してみてから、気付くパターンが多くそもそもマイナス子育てになっちゃってましたが…それはそれで結果良ければ的にいい方に考えます。


誰かの利益や広告に踊らされず、せっかくの自分の能力と時間を「自分を幸せにするものは何か?選び」に費やし、もっとも効率的な人生の過ごし方をしていく時代。


そんな新しい時代に入っているのを感じ、これからもほんの少しでも、そんな生き方を目指すお母さん達のお役に立てるように頑張ろうと言う気持になりました。


さかもと助産所でお産してみたかった!と言う個人的な感想は、次の世代へとバトンを渡し、素敵な助産所のお部屋紹介をして終わりたいと思います。


(さかもと助産所の待合室兼お話し会や勉強会をするお部屋

奥は診察室で、全体的に明るくゆったり落ち着く助産所です。)

(2枚目の写真は、入院室。こんな落ち着いたお部屋で産後過ごしてみたかった!近隣の方に本当にオススメです。)

助産所待合室兼お話会部屋 入院室

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

PeaPod

Author:PeaPod
【PeaPod】
ヨネクラ&クギザキ
ぜん息があり、肌が弱い娘をもつkugizakiと、川崎病を経験した長男とアトピッ子の二男を含む3人の子どものママyonekuraが、産前・産後の女性特有の心とからだの変化や子どもとの毎日の生活を通した体験から生まれたマタニティからのオリジナルシルク肌着・授乳ウエアのショップです。身体と心に正直に「自分を大切にする生き方」を日々子どもと接するお母さんにこそ知って欲しいと願いを込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -






リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
PeaPodスタッフブログ
QR